贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 山本園

地元のカタログギフト

山本園

長野県中野市竹原中島

yamamoto
左から山本昇一(父)、圭介(子)



山本園の生しぼり100%りんごジュース

二人と商品の思い出

「子育てよりも手を掛けてる」ところが
こだわりかな


圭介雪深い志賀高原のふもとで育ててるりんごに特別なこだわりってある?
昇一そうだな、食べごろの美味しさを見極めて一つ一つ収穫するために「収穫は絶対に他の人にはさせない」ことかな。あとは、「子育てよりも手を掛けてる」ところがこだわりかな(笑)。
圭介朝から晩まで毎日畑で作業してて手間暇掛かりすぎてるよね。
昇一砂糖も水も添加物も入ってないのに、なんでこんなに甘いのかとよく言われる。これがりんごそのままの味なんだけど。
圭介学生の頃よく食べ物の仕送りと一緒にりんごジュースが送られてきて、遊びに来た友達にあげると「こんな美味いりんごジュース飲んだことない!」って喜んでくれてそれが嬉しかった。
昇一全部手作業で作ってるからね。
圭介昔よく手伝ったな。りんごを作業場に運んで、でっかい機械でそのまま絞って、大きな釜で煮て、瓶詰めして・・・。
昇一大変だけど手間を掛けた分だけ美味しいものができる。
圭介自分も今でもりんごジュースだけは買って飲んだことがない。というか飲めない(笑)。
昇一もう何十年も作り続けてるけど、同じ条件の年は一度もないし、今でも試行錯誤しながら作ってるよ。
圭介ほんとに大変なんだね。たまには、手伝いに帰るかな。



長野県志賀高原のふもとに広がる山本園の果樹畑。現在は圭介の弟が父母とともに働く。販売担当の兄・圭介は「砂糖・水・添加物などは一切加えない、果樹農家のこだわりが詰まったジュースです」とPR。


山本園
カード表(クリック拡大)
山本園
カード裏(クリック拡大)



りんごジュースのおいしい食べ方

意外ですけど、牛乳と混ぜるのもよくやりますよ。


yamamoto1
冬はスキーの先生です!山本亮介さん。

スタッフ佐久間両親と共に果樹園で働く亮介さん(圭介さんの弟)にお話しを伺いました。

「おすすめの飲み方か…。やっぱりそのまま飲むのが一番ですかね。夏は製氷機に入れてシャーベットみたいにするのもおすすめです。

あとよくやるのは牛乳かな…。いつも分量は適当なんですけど(笑)」

ちいさな子供たちにも好評だという牛乳割り。ぜひ一度お試しください!

りんごジュースをスタッフが実食!

スタッフ佐久間一口飲むと、驚きます。思わず「うま…!」と声を漏らしてしまいました(笑)
スタッフ宮木牛乳割りは新しい出会い!全く違う飲み物みたいになるんです。これはハマリそう…。
スタッフ渡辺:ほんとに砂糖不使用なのか疑ってしまうほど(笑)、濃厚な甘さ。でも後味はさっぱり。

  • DSC_0189_s2
  • DSC_0221_s
  • DSC_2515_s
  • DSC_2522_s

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス