贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

地元のカタログギフト

ミナト麺業

香川県小豆郡小豆島町

ミナト麺業
左から湊良枝(妻)、湊豊之(夫)

生さぬきうどん

二人と商品の思い出

自分らで作り始めて味の差が分かったなぁ
いまでは二人で絶賛しながら食べてます


豊之僕はとにかく自分で商売したかったんやな。小豆島だから素麺屋も考えたんやけど、香川県やし、さぬきうどんの方がえんちゃうかな言うてな。
良枝私は自分が商売に向いてないのが分かっとったから、そんな気は全然なかったんやけどね。あんたがやる言うから。
豊之僕は二人でやりたかったんやな。猛反対されたらやめとったかもしれんけど。
良枝私が深く考えんタイプやから良かったんやろうね(笑)。
豊之15年なんとか続けてきたけどほんま大変やったよなぁ。二人でやっとるから、忙しい時は忙しいで寝る暇なくて、暇な時は暇でつらいし。
良枝まさかうどん屋するとは思ってなかったけど、昔から麺類は好きやったなぁ。味なんて全然意識しないで食べとったけど、自分らで作り始めて、味の違いが分かるようになったなあ。うちんとこのうどんはほんまに美味しいと思うわ。
豊之自分で言うんもなんやけど、それは思う。釜上げとかほんまに美味しいよな。
良枝今じゃ二人で絶賛しながら食べよるもんな、釜上げとか釜玉とか(笑)。でも、うちのうどんはコシが強いから煮込みが一番合うかもね。
豊之それだけ踏み込んで作っとるからな。感謝しとるで。その大変な作業を1時間も2時間も文句言わんでやってくれるんやから。
良枝うん。よく出来た嫁やと思います(笑)。



15年前に豊之さんが脱サラをしてうどん屋を開業しました。なんとご夫婦は幼稚園からの仲。今では夫婦二人で力を合わせながら本物のさぬきうどんを追求しています。


ミナト麺業
カード表(クリック拡大)
ミナト麺業
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります



お問い合わせこちらから
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス