贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

地元のカタログギフト

株式会社岡田武市商店

香川県小豆郡小豆島町

岡田武市商店
左から岡田樹一郎(兄)、岡田進(弟)

小豆島発つくだに屋さん無添加佃煮詰め合わせ

二人と商品の思い出

手間の掛け方が半端やない
だから、美味いのは間違いない


樹一郎俺が先に島に帰って来てうちの会社で働いてたけど、進に帰って来いって言ったことないよな?
直接はないね。
樹一郎でも戻って来てくれた時には、正直助かったって思ったんよな。人を雇うって大変なんだけど、身内だと安心出来るしね。ただ、進とは7つ離れてるから、昔から一緒にいるってことはあんまなかったよな。
俺は中高の先生から兄貴の出来の良さを伝説的に聞かされてて、それが嫌だった時期もあった(笑)。
樹一郎俺は進が赤ちゃんの時の可愛い印象が一番残っとる。
あと、兄貴が高校の時にソフトボールをやるから肩慣らしをしたいって、キャッチャーやらされたんも覚えとる。
樹一郎全然覚えてないわ(笑)
それこそ、そこの工場の通路でやったんで。
樹一郎それにしても、佃煮屋なのに子どもの頃に家で佃煮食べた記憶ってあまりないなぁ(笑)。今はおふくろに試作品を持って行って一緒によく食べてるけど。
俺も家で毎日食べてる訳じゃないけど、やっぱりうちのは美味いと思うわぁ。
樹一郎手間の掛け方が半端やないからな。他の佃煮屋が省くこと、全部やりよる。
会社では製造工程みてるんやけど、最近になって、手間をかけているから小豆島でも残ったんやなっていうのが分かってきたわ。
樹一郎次はうちらの番やからな。進は子供も生まれたし、頑張ってよな。



「出来立ての佃煮を、直接分けて欲しい」と、わざわざ工場まで来て下さる熱心なお客様の声に応え、岡田武市商店は直売店を始めました。今では黄色の看板の「つくだに屋さん」が目印です。


岡田武市商店
カード表(クリック拡大)
岡田武市商店
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


岡田武市商店
0120-828-384
お問い合わせこちらから
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス