贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 吉田麺業有限会社

地元のカタログギフト

吉田麺業有限会社

愛知県名古屋市中川区

kaiwa_758yoshidamen
左から村上基子(娘)、吉田孝則(父)

  • 758yoshidamen_sum1
  • sum2_758yoshidamen_summer
  • 758yoshidamen_sum2
  • 758yoshidamen_sum3
  • 758yoshidamen_sum4


よしだ麺の詰合 夏/吉田麺 詰合

二人と商品の思い出

熟成に手間をかけて麺が伸びたいときに伸ばしてあげる



吉田私は歳だで特に普段工場の中で何かしてるわけじゃないけど、やっぱり味は一番メインで考えとる。だから毎日お昼はうちの麺。今作っとるのは冷麦だから、2月の今、この寒いのに冷麦食べとるね。
村上自分たちで食べて美味しくないなって感じたら少しずつ粉の具合とかを変えますよね。
吉田麦って自然のものでしょ?だから年によっても出来が違う。それでも美味しく作るために常にチェックしないと。
村上うん、でも毎日食べていても、うちの麺は美味しいと思います。
吉田熟成の仕方が違うからね。うちがやっとる熟成の仕方は全国でもここくらいじゃないかな。味、コシが当然変わってくるんだわ。
村上麺が伸びたいときに伸ばしてあげるんですよね。
吉田そう、単に機械でどんどん伸ばしてしまうと大切な成分が壊れてしまって、茹でた時にコシも無くて、味も悪くなってしまう。熟成をしながら、麺が伸びる状態の時に伸ばしてやる。他のところは全部入れて30分くらいで終わるけど、うちは熟成からめん線切り出しまでで4時間くらいかかるかな。
村上どれだけ手間をかけても、見た目では分からないのが難しい部分ですけどね。
吉田でもその手間を感じて、味だけでなく品質でも認めてくれる人がおるね。うちはこれからも味や品質で勝負していきたいと思っとるよ。



名古屋でこの地に根付いた麺を作る「吉田麺業」。無添加にこだわり、独自の熟成方法から生まれるコシや旨味は絶品。社長の味への想いは特に強く、自ら麺の味を確認することを欠かさない。


758yoshidamen_夏
カード表(クリック拡大)
758yoshidamen_夏
カード裏(クリック拡大)




758yoshidamen_ol
カード表(クリック拡大)
758yoshidamen_ol
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス