贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 株式会社阿藻珍味

地元のカタログギフト

株式会社阿藻珍味

広島県福山市鞆町

阿藻珍味
左から高上考司(製造担当)、井上周三(商品開発担当)

  • 阿藻珍味麺
  • 阿藻珍味実演
  • 阿藻珍味ラーメン
  • 阿藻珍味ラーメン2
  • img5
  • img6
  • img7
  • img8

  • img9



珍味屋の麺々と海鮮茶漬けの詰合せ

二人と商品の思い出

職人の意地で作ったラーメン
いつまでも変わらない備後のスタンダードな味


井上昔から地元で食べているモンが多少なりとも他のところでも広がれば、と思ってね。最初は練り物やる傍らでラーメン作りを始めて、社長から週一回くらいのペースで20、30…おそらくもっと調整が入って。もう職人の意地で完成させたってところですかねぇ。小さい頃から喫茶店とか小さな食堂行って出てくるのが、このラーメンなんですよ。
高上そうでしたね。当時は、この名前(尾道ラーメン)もなかったですからねぇ。
井上ダシも普通のいりこだとにおいが強くて特有の風味が出過ぎちゃうから、試行錯誤してようやく一番スッキリする平子いわしに行き着いた。麺もお店のよりも細ぅしとるんです。
高上作る側としちゃあ、やっぱり手間なんですけどね。実は僕、昔ちょっと開発にもおったんですが、優秀な部長が来るいうんで追い出されたんですよ(笑)。
井上(笑)。むしろ現場のが大変じゃろう。
高上いやいや、井上部長は色んな知識も豊富じゃし、人生の先輩ですから。部長の仕上がりに合わせて作り上げるように現場では工夫しています。
井上尾道ラーメンの麺はスープを吸って色が変わるでしょう。あれが好きな人もいるくらいで。ただ家庭で作るには、お店のより細ぅせんとすぐのびてしまうんですよ。いまは遠方のお客様にも食べてもらえるようになったし、今後もスタンダードな味は引き継いでいきたいよな。



瀬戸内産をはじめとした海産物を使った練り物や珍味を多く取り扱っている「阿藻珍味」。小魚だしのスープにこだわった尾道ラーメンは、多くの備後地方出身者にとってふるさとの味として親しまれている。


阿藻珍味
カード表(クリック拡大)
阿藻珍味
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


阿藻珍味
084-982-3333
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス