贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 漬物工房まんまミーア!

地元のカタログギフト

漬物工房まんまミーア!

熊本県阿蘇市西町

ura_kaiwa_asosato
左から佐藤智香さん(孫)、佐藤清子さん(祖母)

  • asosato-farm_sum1
  • asosato-farm_sum_02
  • asosato-farm_sum3

阿蘇たかなの青漬けと 種マスタードのセット

二人と商品の思い出

漬物は毎年少しずつ違う味になる、
そこが面白い!


智香テレビでマスタードづくりをやっている様子を見て、「これは高菜でもつくれるんじゃないか?!」と思って、実際につくってみたら出来たんだよね。昔はカラシがない時に、高菜の種を代用してたっていう話も聞いたことがあるよ。
清子私たちの時代には食べたことがないねぇ。
智香おばあちゃんの世代よりもっと前の世代の人たちだよー!
清子潰して、粉にして・・・。
智香そうそう、高菜は収穫時期が短いけれど、種も使えるとなると収穫時期が6月まで伸びるね。
清子私たちが小さい頃は食べ物がなかたったけん、漬物をよく食べていたけど、今智香ちゃんの歳の子たちは漬物食べないね。
智香えーそんなことないよー!でも、この春収穫イベントをやった時に、参加者に高菜を漬け込んで持って帰ってもらったけど、「高菜漬けをつくるのはこんなに大変なんですね」っておっしゃってた。実は地元の人でも「阿蘇たかな」についてよく知らないんだよね。
清子漬物は、同じ分量で漬けても毎年少しずつ違う味になるんだよ。それが面白いところだね。九州の人にとって高菜は身近な食べ物だけど、「阿蘇たかな」が伝統野菜だってことは知られていないんだよね。
智香そうなんだよね。伝統野菜で生産量が少なく希少な高菜を少しでも多くの人に知ってもらうためにもマスタードづくりは大切だって思っているよ。



農薬や化学肥料を使わず栽培した野菜で様々な漬物を製造する熊本県阿蘇市の「漬物工房まんまミーア!」。阿蘇の名産、高菜漬けはお茶うけやご飯のお供にうってつけ。


card_asosato-farm-omote
カード表(クリック拡大)
card_asosato-farm-ura
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります



復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス