贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > BeeConcierge

地元のカタログギフト

BeeConcierge

千葉県君津市福岡

kaiwa_beeconcierge
左から齊藤克明さん(父)、齊藤雄紀さん(息子)

  • sum1_beeconcierge_kai
  • sum2_beeconcierge_kai
  • sum3_beeconcierge_kai

カラスザンショウはちみつ

二人と商品の思い出

四季を通じていろんな花がある君津。ここだからつくれるはちみつがある


雄紀そもそも前職ではちみつの関係の仕事をしていたし、学生時代サークルでミツバチクラブというところに所属していたんだよね。その関係ではちみつの仕事に就き、岩手や北海道などを往復する日々を送っていた。
克明小さい頃から虫が好きで、当時母さんが心配して同じ年頃の子どもを家に呼んで遊ばせていたが、雄紀は虫に興味があって、ひとり庭で虫を観察していたよな(笑)。それを見て、雄紀は虫を眺めるのが好きなんだと思って自由に育てたんだよ。
雄紀そうなんだ(笑)。前職でたまたま市原に来て、居住環境が良くなかったから君津に移り住んで、会社を辞めた後もなんとか君津で蜂に関わる仕事ができないかって試行錯誤したなぁ。
克明俺はそこまで頑張っている雄紀を見て力を貸そうと決めたな。
雄紀本当に立ち上げの時は力を貸してくれてありがとう。君津は海が近くて気候が安定しているから、四季を通じていろんな花があるんだよね。はちみつをつくるには適しているんだよね。今はまず採集の安定、はちみつづくりに重要な冬越し夏越しを成功させたい。それでいろいろなはちみつを集めて、皆さんに喜んでもらいたいな。前にNHKの取材を受けて、はちみつの注文が殺到したけど、なかには個人的な連絡も来たよ(笑)。
克明そうか。早くパートナーを見つけろよ。
雄紀お見合いも仕事も頑張ります(笑)。



養蜂家の齊藤雄紀が千葉県君津市で営んでいる「BeeConcierge」。爽やかな香りと少しの苦味が特徴のカラスザンショウのはちみつは知る人ぞ知る一品。


card_beeconcierge-omote
カード表(クリック拡大)
card_beeconcierge-ura
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス