贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 美蔓亭

地元のカタログギフト

美蔓亭

北海道上川郡清水町

kaiwa_bimantei
左から田中公治さん(息子)、田中三千代さん(母)、田中智治さん(父)

  • bimantei_sum1
  • bimantei_sum3
  • bimantei_sum2

焼肉用ラム肉

三人と商品の思い出

色は少し黒いけど、
味はしっかりしてる


智治動物性たんぱく質を取るために毛糸用の羊を食べ始めたのがジンギスカンの始まり。昔は温度管理が難しくて肉の鮮度を保つのが大変だったし、食用じゃないからにおいも肉質も良くなくてさ。だから羊肉をたれに漬け込んで味付け肉として食べるようになったんだ。
公治でも今はだいぶ品種改良されたから、臭みも改善されたし、肉質が良くなったから、焼いた後にタレにつけて食べる形でも美味しい。うちの自家製みそダレも、焼いた後につけるのがオススメだね。
智治そうだな。お客さんからは、うちの肉の色が少し黒っぽいって言われることもあるけど、俺らのおすすめは生まれて1年前後の若者の羊肉。色は少し黒いけど、味はしっかりしてる。よく出回ってる生まれて1~2ヶ月の赤ちゃんの羊肉は、ピンク色が綺麗だけど、味が薄くってな。
公治草を食べると肉の色も味も濃くなってくるからね。
智治ああ。うちのこだわりは、純粋種のサフォークを育てて、直販売、直消費すること!極力、中間業者を入れたくないんだよな。
公治すべてに自分たちの目が届くもんね。
智治本来は地場で消費したいんだけど。今は、俺の気に入ったところにだけ出しているからな(笑)!
公治親父らしいよほんと(笑)。俺も将来は俺らしいやり方で店を発展させていかないとな。



清水町で美蔓めん羊牧場を経営するかたわら、飲食店を営んでいる「美蔓亭」。博多から移住してきた店長が、サフォークラーメン、ラム定食、焼肉、ラムしゃぶなど多彩な羊肉メニューを提供する。


card_bimantei
カード表(クリック拡大)
card_bimantei
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


美蔓亭
0156-62-5033
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス