ホーム > ブログ > 生産者と一緒にご飯を食べる

生産者と一緒にご飯を食べる

kanri

writting:
kanri

LINEで送る

こんにちは。上野です。

先日、生産者の方と一緒にご飯を頂く機会がありました。

私は社内にいる事が多いため、生産者の方と直接お話をさせて頂く機会が多く有りません。

が、、先週末、上田市のギフトにてギフトがリリースされたタローファームさん主催のイベントに参加させて頂きました。


card_format

タローファームさんは上田市にある養豚場で、私と同世代(20代)の双子のお2人が経営されています。

初めてお会いした時はどちらがどちらなのか、見分けがつかないほどにそっくり!!

kaiwa_taro-pork
うーん、、、本当にそっくり!!!!

そんな双子のタローファームさんのイベントで、お肉を沢山頂いたのですが、ふわっふわで、いくら食べても食べられてしまう美味しさでした!!!

Slack for iOS Upload

「養豚」という言葉も現場も私には馴染みの無いことでしたが、お2人からお話を聞きながらお肉を頂き、命を頂くということについて改めて考えさせられました。

育てた命を出荷して、最後は食卓で頂くということを、幼い頃から目の当たりにしている生産者のお二人。

そんなお2人からお話を聞きながら、私は小さい頃、お肉が苦手であまり大切に食べてあげられていなかったなあと反省しました。

そして、こんな経験をしている方に、たくさんの子供達の前で少しだけお話をしてほしいなと思いました。

スーパーに行けば、切り分けられたお肉やお魚が並んでいたり、野菜や果物はいつも沢山並んでいて、旬がいつなのかわからなかったり、、。

生産者の方のお話、体験談を聞きながら、ご飯を頂くというのは貴重な体験だなと思ったのです。

こんな機会をもっともっと沢山の人と共有できたらなー

地元のギフトに出品してくださっている生産者の方はカードに書ききれない程の思いがあるはず。

そしてそれを聞きたいと思っている人も沢山いるはず。

そんな機会、作りたいな。。

生産者の方を一緒にご飯を食べられたら、それまでのご飯とはひと味もふた味も変わると思うのです。

タローファームさん、ご馳走様でした。

LINEで送る

ジモブロ!!

地元のギフトの裏側見せます

  • ブラジル直伝!いつも笑顔でいるたった一つの方法

  • 試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた(OK)

  • 《日本一》がまだまだいる小諸市

  • 上田のちょっといいところをたくさん見つけたい

  • 知っておいたほうがいい「Aimer」

  • 上田に来て「蓋」の重要性を知った

  • 【つくり手向けサービス第一弾】商品写真を一新しませんか?

  • 《日本一》がいる小諸市

  • 生産者と一緒にご飯を食べる

  • 11月のプレイリスト

  • × TVっ子 ⇒ ◎ TVおばさん

  • 彩の国にいってきた

  • 五箇山の合掌造りで和紙職人を取材してきた

  • 薫の君と暮らそう

  • これを読んだら小諸市のギフトが欲しくなーる

  • 10月のプレイリスト

  • 早大生は、祭でできている。

  • りんご畑の綺麗さよ

  • 小諸◆年に一度の泥酔する日

  • 画力が小学生から成長していない

トップへ