ホーム > ブログ > ブラジル直伝!いつも笑顔でいるたった一つの方法

ブラジル直伝!いつも笑顔でいるたった一つの方法

kanri

writting:
kanri

LINEで送る

ブラジル人は陽気だ。

きっとそんなイメージはあると思う。

 

実際、陽気だ。明るくて悩みがない、というわけではなく、悩みくらいそれぞれある。

それでもいつもまぶしい笑顔で溢れている。

 

日本人は真面目だ。

というか、無駄に真面目だ。真面目すぎることによる愚痴や不満も多い気がする。

 

そこで今日は、ブラジル人から学んだ、たった一つの「いつも笑顔でいる方法」をお伝えしよう。

ブラジル人は、とにかくよく「褒める」。

子どもが何かできたらParabens!!「すごいね!おめでとう!」はもちろんのこと。

別にできなくたっていい。存在しているだけで素晴らしいんだから。

ただ会っただけでQue bonitinho!!「なんて可愛いの!」

 

人に対してだけじゃない。

大きくて立派な建物を見たらOlha! Que lindo ne?「見て!素敵だね」

なんてことないカフェに入っただけでもChic hein!「おしゃれ!」

何にでもLegal!「いいね!すごい!」

 

褒められていい気分にならない人はいない。

常にポジティブな言葉を投げかけられる環境、自分でポジティブな言葉を言っていることによる自分への影響。

だからか、子どもたち(大人たちもか)は基本的に「自分は愛されている」という自信に満ち溢れている。

 

これが、ブラジル人の強さだ。

効率が良くやる、の前に、楽しくやる。

まずは思いついたものから、ちょっと褒めてみよう。

そうすると、自分がいいな、と思ったものにも敏感になっていく。

 

1240186_597582690289188_1641242530_n
褒めることで自分を、周りを明るく。

LINEで送る

ジモブロ!!

地元のギフトの裏側見せます

  • ブラジル直伝!いつも笑顔でいるたった一つの方法

  • 試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた(OK)

  • 《日本一》がまだまだいる小諸市

  • 上田のちょっといいところをたくさん見つけたい

  • 知っておいたほうがいい「Aimer」

  • 上田に来て「蓋」の重要性を知った

  • 【つくり手向けサービス第一弾】商品写真を一新しませんか?

  • 《日本一》がいる小諸市

  • 生産者と一緒にご飯を食べる

  • 11月のプレイリスト

  • × TVっ子 ⇒ ◎ TVおばさん

  • 彩の国にいってきた

  • 五箇山の合掌造りで和紙職人を取材してきた

  • 薫の君と暮らそう

  • これを読んだら小諸市のギフトが欲しくなーる

  • 10月のプレイリスト

  • 早大生は、祭でできている。

  • りんご畑の綺麗さよ

  • 小諸◆年に一度の泥酔する日

  • 画力が小学生から成長していない

トップへ