贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 味な工房(そば)

地元のカタログギフト

味な工房(そば)

青森県中津軽郡西目屋村田代

kaiwa_buna-soba
左から松橋孝臣(そば・山菜担当者)、宮崎優(調理スタッフ)

  • buna-soba_sum3
  • buna-soba_sum2
  • buna-soba_sum1

白神ゆでそばと山菜セット

二人と商品の思い出

0から村全体で作ってますからね
山を眺めながら食べる山菜そばは最高です


松橋小さい頃、キャンプに行ってその辺に生えてる山菜をよく食べてた(笑)。
宮崎僕も。食材を買うってことがあまりなかったです。皆で採ってきたりとか。おばあちゃんが料理した山菜がふるさとの味ですね。
松橋だな。山菜そばの山菜も、村民の方々に採ってきてもらっているからな。持続的に資源を利用するために、採集する限度を決めて。
宮崎同じ山に生える山菜でも、採る場所によって味が変わってきますよね。山菜そばはオープンからずっとここの看板料理ですよね。この白神そばは甘みと風味が強くて、口に残る感じがあります。
松橋そうそう。地元産のそば粉と白神山地の水を利用して、味よし、色よし、香りよし、の3拍子がそろったのが白神そば。石臼でゆっくりと製粉するから、風味がとばないんだよ。粗びきになるぶん、そばの香りが強くなる。一般的な製粉と違い、2時間に5キロしか製粉できないから大変だけど(笑)。
宮崎山菜もそばも、特別な業者も入らず、0のところから、村全体で作っていますからね。9~10月に、色づいた山を眺めながら食べる山菜そばは本当に最高。まさに地元の味。
松橋そうそう。1度でいいから食べてほしいよな。若い人にこそ食べてほしい。
小山内そう。地元の大豆、白神山地の水。手作りじゃないとこの味は出せない。今はここでしか買えないから、とにかく色んな人に、っていう思いでやってるよ。それが一番。この味を未来へずっと続けていきます。
宮崎本当に。そば粉って生き物ですから、いつも管理してくださっている松橋さんには感謝しています。
松橋こちらこそ、そば粉を大切に使ってくれてありがとう。



そば粉の製造・管理を行う白神公社の松橋さんと、産直施設「Beechにしめや」のレストランの厨房で働く宮崎さん。保存料を一切使わずに仕上げた自慢の山菜そばを求めて、毎日多くの人が訪れる。


camellianicotea2
カード表(クリック拡大)
camellianicotea2
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


一般財団法人ブナの里白神公社
0170-81-5050
豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス