贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

地元のカタログギフト

中信会館

長野県塩尻市大門一番町

chushinkaikan_kaiwa
左から上条弘三さん(開発責任者)、花岡隆浩さん(製造責任者)、寺沢一敏さん(生産農家)

  • chushinkaikan_sum02
  • chushinkaikan_sum03
  • chushinkaikan_sum04
  • chushinkaikan_sum01
  • chushinkaikan_sum05
  • chushinkaikan_sum06

塩尻発祥山賊焼と信州で育った野菜料理の詰め合わせ

三人と商品の思い出

色んなご縁とアイデアでできたメニュー
「味」と「安心」には自信がある


花岡このギフト商品のメニューは、毎年うちがこだわって作っている「おせち」の研究開発から生まれたんですよね。医食同源、五味五食といった中華の神髄と、今まで塩尻でお店を続けながら培ってきたノウハウやオリジナリティを最大限に活かして、そしてなにより「手作り」を一番大切に。だからこそ、食材も厳選していますよね。
上条高校の先輩後輩という縁で使わせてもらうことになった地元塩尻の農業のプロ・寺沢さんの有機栽培の野菜も、本当に「元気」がいい。点滴だけで人が元気でいられないように、野菜だって化学肥料だけじゃ元気が出ないもんね。
寺沢一番大事にしているのは土づくりですね。土を常に健全にしておくために色んな試みをしています。なるべく自然の状態に戻そうという努力は本当に大変だけど、日々の積み重ねが何よりも大事ですね。
花岡郷土料理の山賊焼き(ニンニクを効かせたタレにつけ込んだ鶏もも肉を揚げたもの)に加えて、人気メニューが揃いましたね。寺沢さんのビーツを使ったなますもオススメです。
寺沢ビーツは「飲む血液」と呼ばれるほど鉄分豊富な野菜ですし、色も鮮やかですね。
上条我々の商品作りでは、色彩も大事にしているからね。
花岡色んなご縁とアイデアが織り重なってできた商品なので、「味」と「安心」には自信があります。是非たくさんの人に食べてほしいなぁ。



1977年創業、県内に3人しかいない本物の四川料理人が提供する宮廷料理が自慢の四川料理店「中信会館」。「特別な日」のための場所として冠婚葬祭や宴会、家族での食事会など多くの市民から愛されている。


中信会館_表
カード表(クリック拡大)
中信会館_裏
カード裏(クリック拡大)



お問い合わせこちらから

オリジナルカタログギフト

結婚式の引出物、我が子の出産内祝い・・・大切な人への贈り物だから、見た目も中身も私たちらしいカタログギフトにしたい。そんなあなたへ。

信州のカタログギフト|マイセレクション

信州全域でつくられている産品の中から自分で選んだ産品を贈れるカタログギフト。

贈ったあともうれしいサービス