贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 森田農園

地元のカタログギフト

森田農園

秋田県南秋田郡大潟村

kaiwa_goromai
左から森田千尋(妻・農婦一年目)、森田悟朗(夫・二代目農園主)

  • sum2_goromai
  • sum1_goromai
  • sum4_goromai



あきたこまち栽培期間中農薬不使用<悟朗米>

二人と商品の思い出

安全・安心で美味しいお米を
求めている方々のもとへ届けたい


悟朗 小さい頃は農家の後継ぎをまさか自分がするとは思わなくて、「成り行き」だったんだよ。子どものアレルギーをきっかけに、父ちゃんがはじめて、一回諦めた無農薬米を復活させて3年目になるね。
千尋 「成り行き」というか、「天命」だよね(笑)。そう、子どもがきっかけだったね。
悟朗 まだまだ小さい規模だけれど、自分たちでお米をお客様に直接送るようにしてみたら「美味しい!」と直に言ってもらえて、嬉しかったね。俄然やる気が湧いてきたよね。
千尋 お手紙やお写真、電話もいただいて、あの人が喜んでくれるといいな~、って田んぼで顔思い浮かべちゃうよね。今は、悟朗さんの育てたお米が世界で一番美味しいと思ってるよ。お米を楽しみに待っている人や、食を大切にしている人や、家庭に喜んでもらえる関係をもっと作っていきたいね。
悟朗 そうだね。小さい頃父ちゃんが「地球にやさしい農業をしたい」と言っていた意味が今は、すごくよく分かるなぁ。
千尋 悟朗さんは「農家の仕事の一つは、この景色を次の世代へ手渡すことだ」と言ってたよね。
悟朗 え、覚えてない(笑)。
千尋  え、それが私が農家を手伝おうと決心したきっかけだよ―(笑)。悟朗さんが真面目に仕事する姿は、かっこいいなーって思ってるよ。子ども達にもそんなお父さんの姿を見て大きくなって欲しいな。



子どものアレルギーを機に、食について丁寧に取り組んできました。復活3年目を迎えた栽培期間中農薬不使用『悟朗米』。食べてくれる人の顔を想いながら田んぼに向かう日々です。


card_goromai_omote
カード表(クリック拡大)
card_goromai_ura
カード裏(クリック拡大)




※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


夏期休暇のお知らせ
  • 8/11(土)~8/19(日)は出荷・お問い合わせ対応をお休みさせていただきます。お休みの間に頂いたカタログギフトと商品のご注文は、8/21(火)以降の発送とさせていただきます。予めご了承ください。
豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス