贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > HAMARA FARM

地元のカタログギフト

HAMARA FARM

長野県諏訪郡原村

kaiwa_hamarafarm
左から柳沢卓矢(同級生)、折井祐介(同級生)

  • hamarafarm_sum1
  • hamarafarm_sum2
  • hamarafarm_sum3
  • hamarafarm_sum4
  • hamarafarm_sum5

八ヶ岳 生とうもろこし

二人と商品の思い出

このとうもろこしから八ヶ岳を感じてほしい


折井このとうもろこしを最初に食べた時はびっくりしたよね。「めっちゃうま!!」って。八ヶ岳は特にとうもろこしの産地として有名じゃなかったけど、日照時間も長いし昼夜の寒暖差もあるし、とうもろこしの生育にはぴったりだった。
柳沢美味しいなって思ってもらうのと同時に、このとうもろこしから、爽やかでみずみずしい八ヶ岳の夏を感じてほしいな。野菜を作るだけじゃなくて、お客さんの口に入って、感動してもらうところまでプロデュースしていきたい。
折井とうもろこしは鮮度が命。畑で食べるのと同じくらいジューシーなとうもろこしを届けるために、収穫は発送日の朝5時。朝採れのとうもろこしを、ぜひ生で味わってもらいたい!きちんと良いものを作って、その良さをお客さんに伝えられる農家になりたいね。
柳沢二人とも原村を出た時は、脱サラして地元で農業始めるなんて全く思ってなかったよなあ。祐介のじいちゃんが一から農業教えてくれたんだよね。畑って、やればそれだけ応えてくれるし、やらなければ何も返ってこない。畑が正直だから、自分も正直になる。祐介にも思ってることは全部言うし。
折井お互い言いまくってるね!感謝の気持ちも、ムカつくことも。ノリで始めたけど、農業ってすごく楽しいと思う。すぐふざけちゃうから、よくじいちゃんには怒られたけど(笑)。



原村出身の同級生二人で営んでいる「HAMARA FARM」。二人が作る“メロンよりも甘いとうもろこし”は、まさにフルーツのような甘さとみずみずしさ。2015年第一回日本ギフト大賞を受賞。


hamarafarm_f
カード表(クリック拡大)
hamarafarm_b
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス