贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > ハックルベリー・フィン

地元のカタログギフト

ハックルベリー・フィン

岡山県笠岡市カブト東町

huc
左から佐藤稔久(農場長)、井波恒雄(社長)、奥山英行(営業部長)

  • ハックルベリーフィンイメージ1
  • ハックルベリーフィンイメージ2
  • ハックルベリーフィン花
  • ハックルベリーフィンイメージ3
  • img4
  • img5
  • img6


ハートローズ

三人と商品の思い出

お客さんに喜んでもらいたい、その想いが生き甲斐よね


井波卒業論文で、バラにつく害虫を農薬を使わずに退治するっていうテーマで研究しとってね。この地域にバラ作りをされとる先輩方がおられたんで、一本植える所から見よう見まねで始めたんよ。若い子らも今は試行錯誤しとるよね。
佐藤そうですね。社長がされてきたことを受け継ぎつつ、僕らで試験的に栽培させてもらってるところもありますよね。
井波俺は色々栽培法を試した結果、今のやり方に辿り着いたけど、若い子らも実際に試してみにゃわからん。口挟んでも言うこときかんよな。
佐藤・
奥山
あはは(笑)。
井波このハートローズは普通のバラとちょっと違うんよ。花びらの形が本当のハートの形をしとってね。商標登録も取って、うちでしか出してない。
奥山そうそう。
井波俺最初は、これはバラとはいわんぞと思っとったんよ。でも会社の女の子が「このバラの花びら、ハート型でかわいい!」って言ったのを聞いて、そうか目線を変えんといけんなと思って、これを扱うことにしたんよ。そういう驚きや感動を提供できたとき、あぁつくっとって良かったなって思うんよね。お客さんに喜んでもらいたいということが、生き甲斐よね。
奥山そうですね。つくるのは手間もかかりますけどね。
佐藤台風が来たら泊まりで1時間ごとに見回りしたり。
奥山社長なんか気合い入って、ハウスの上で台風に向かって来るなら来いやー!って叫んでますもんね(笑)。



岡山県笠岡市のバラ農園「ハックルベリーフィン」。晴天の多い気候がバラの生育に最適ということからこの地を選び、社長の井波が裸一貫で農園をはじめた。現在は約2万5千株を栽培している。


ハックルベリーフィン
カード表(クリック拡大)
ハックルベリーフィン
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


ハックルベリーフィン
0865-66-0703
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス