贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 百姓屋

地元のカタログギフト

百姓屋

佐賀県伊万里市波多津町

kaiwa_hyakusyou-ya
左から市丸道雄さん(夫)、市丸初美さん(妻)

  • sub2_hyakusyou-ya
  • sub1_hyakusyou-ya
  • sizuru_hyakusyou-ya

完全無添加山ん鷄セット

二人と商品の思い出

夫婦は同じ汗ば流して、
同じ苦労ばせないかんね


初美まさか家族みんなでこうやって養鶏できるようになるとはね。あなたが会社勤めしてた頃は、海外勤務が多くてなかなか家族の時間がとれんやったとに。同じ目標を持ってやれるのはよかなと思って一緒に始めたね。
道雄アフリカでマラリアにかかったもんな(笑)。それで、もう辞めようと。そっから親父がしよった養鶏場を「明日から!」てぽんと引き継いで。研修も何もなかったけん2人でイチから勉強したなぁ。今となっては、夫婦で同じ汗ば流して、同じ苦労ばしてよかったと思うよ。
初美息子が「お父さんもお母さんも朝昼晩、楽しそうに農業の話ばっかしよった」って言いよった。鶏舎から離れられんけんどこにも連れて行かれんやったし、お父さんが学校行事に来れんでも、ちゃんと見てくれよったとね。
道雄確かに楽しくしよったな。俺の仕事はとにかく鶏たちを観察すること。何か異常のあったら夜中でん飛んで行かないかん。無薬で育てるということは、ヒナの時から健康に育つよう免疫ばつけなんいかんけん、子ども以上に手ばかけないかんもんな。
初美病気のリスクを抱えながら養鶏しとるとを支えたいて思って山ん鶏ば始めたとよね。売れんかもしれんけどやってみようって、お父さんが加工してくれる人ば探してくれたっけね。長く赤字やったけど耐えてよかった。素材は良いし味にも自信があったけん、いつかは売れるて思いよったよ。



道雄さん、初美さんご夫妻、長男さんと2人の娘さん、そしてその旦那さんが育てる「骨太有明鶏」。脂肪が少なくコリコリした食感。衛生管理を一番に気をつけながら、愛情を込め、手をかけて育てている。


card_hyakusou-ya-01
カード表(クリック拡大)
card_hyakusou-ya-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


日本全国
つくりて直送ギフト
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス