贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 有限会社いろは堂

地元のカタログギフト

有限会社いろは堂

長野県長野市鬼無里

有限会社いろは堂
左から伊藤宗正(父)、伊藤拓宗(子)



  • 有限会社いろは堂風景
  • 有限会社いろは堂おやき

炉ばたのおやき

二人と商品の思い出

「いろは堂のおやき」の
この生地へのこだわりは絶対に外せない


宗正拓宗は小さい頃、工場の中で遊んだり、パートのおばちゃんにおぶってもらってたよな。
拓宗そうそう。学校で習った歌をおばちゃんたちに聞かせたり。
宗正俺も忙しい忙しいで運動会にも行ってあげられなかったしなぁ。
拓宗ほとんど家にいなかったよね。だから感覚としては、パートや近所のおばちゃんたちに育ててもらったなと。本当、ここにはお母さんやおばあちゃんがいっぱい。
宗正確かに、カッコいい言い方をすれば”地域で育ててもらった“って。
拓宗そう。そして、生まれたときから隣にはおやきがあった。
宗正ははは。そういえばこの前、商品展開の話をした時に「いろは堂のおやきの、この生地へのこだわりは絶対に外せない」って言ってただろ? あれには感心したよ。
拓宗親父やおじいちゃんたちが築いてきた「いろは堂のおやき」があるからさ。新商品や新ブランドは、おやきを知るきっかけとしてやりたいなと思ってる。
宗正そういう考え方は近いよな。俺も先代の良いところを引き継ぎながら、新しいチャレンジをしていかないとと思ってる。
拓宗俺は今まで「親父のようにならなきゃいけない」っていう想いが強かったんだけど、最近は自分らしさや自分のやり方を見つけないと、って思ってるよ。
宗正きっとお前になら出来るはずだ。じいちゃんの血と俺の血が流れているからな。



長野市鬼無里(きなさ)でおやきの製造販売を行っている「いろは堂」。日本各地の物産展でも人気のおやき。「自分のふるさとを自慢しながら販売できる、そんなに嬉しい商売はない」と宗正は語る。


いろは堂
カード表(クリック拡大)
いろは堂
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス