ホーム > 石丸農園

地元のカタログギフト

石丸農園

愛媛県松山市権現町

ura_kaiwa_ishimarunouen
左から石丸義人くん(ひ孫)、森川勇さん(曽祖父)

  • sizuru_ishimarunouen
  • ura_sub1_ishimaru
  • ura_sub2_ishimarunouen

飲むみかんゼリー 6本セット

二人と商品の思い出

ぼくんちのいよかん、あまくておいしいの!


義人ねぇねぇ。じーじってなんさい?
もう90歳!定年するまではサラリーマンだったんだよ。本格的に農業しだしたのは30年前からだけど、手伝いだけだったら50年以上も前からずっとやってるんだよ。
義人へぇ、そうなんだぁ!ぼくの5さいよりずっとながいね。じーじははたけでどんなおしごとしてるの?
みかんを収穫するのと、その後選別したり木を剪定したり摘果したり、そうゆうことをお手伝いしてるよ。
義人ぼくもね、おてつだいできるんだよ!ちいさいみかんをとるのは、ぼくのたんとうだからね。
そうかぁ。よしくんは、みかん好きか?
義人うん!だいすき!ぼくのすきなみかんはね、はれひめ!
はれひめは〈清見とオセオラ〉に宮川早生をかけ合わせてるから、香りも良いし甘くて美味しいみかんだね。
義人うん!だいすき~。でもどうしてこんなにおいしいの?
それはね、太陽の光をたくさん浴びて、愛情込めて育てているからだよ。それにね、お父さんやじーじみたいに、長い間みかんのお仕事してるとね、触っただけで美味しいみかんがどれかわかるんだよ。
義人さわっただけで?そんなことわかっちゃうの?
そうだよ。よしくんのお父さんはすごいんだぞ。特に伊予柑だったら百発百中で分かっちゃうんだって。
義人へぇ!それじゃあ、ぼくんちのおいしいいよかん、みんなにもたべてもらいたいね!



石丸農園は代々ミカン農家を営み、50年以上伊予柑を中心とした柑橘を栽培している。近年の深刻な農家の継ぎ手不足をうけて、「いよかんの未来を守る会」の活動もあわせて行っている。


card_ishimarunouen-01
カード表(クリック拡大)
card_ishimarunouen-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります