贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 石筵養蜂園

地元のカタログギフト

石筵養蜂園

福島県郡山市熱海町

kaiwa_ishimushiro-yohoen
左から後藤佑亮さん(息子)、後藤譲さん(父)

  • ishimushiro-yohoen_sum3
  • ishimushiro-yohoen_sum1
  • ishimushiro-yohoen_sum2

天然はちみつセット

二人と商品の思い出

ハチミツは、山の植生によって
味や香りが全然違ってくる


先代の親父がここを始めたんだよ。親父はもともと農家だったんだけど、農家だけではやっていけないなって、いろいろと模索して、最終的に養蜂を始めたんだ。俺は高校卒業後に親父の下で養蜂を始めたけど、その頃にはだいぶ基盤が出来てたよ。
佑亮僕がお父さんと一緒に養蜂をやるようになったのは、大学卒業してからだね。
養蜂の仕事って、3月~7月の繁忙期は寝る間もないほど忙しいけど、それ以外の時期はそうでもない(笑)。だから、ふらっと海外に行っちゃったりする佑亮には、性に合ってるのかもな。
佑亮ははは(笑)!そうかもね。
繁忙期は蜂との戦いで、蜂の活動が一番活発な時期だから、逃がさないようにしないといけないのが大変なんだよ。ハチミツは、山の植生によって味や香りが全然違ってくる。この辺だと、アカシアとヤマザクラだな。
佑亮うん。アカシアは食べやすい味で万人受けするけど、ヤマザクラは、香りが強くてコクがあるから、好みが分かれるね。
これからは、ハチミツに合う商品を開発していきたいんだ。佑亮の未来の奥さんには、パン屋でもやってもらえたらいいな(笑)!
佑亮まだまだ見習いだから、いろいろ覚えていきたいな。海外に行った経験を活かしたり、いろいろな人とのつながりを養蜂に活かしていきたいって思ってるよ!



山野の花から採集する天然はちみつにこだわる「石筵養蜂園」。加熱処理は行わず、絞ったはちみつは網で濾すだけ。今までにないトロトロの食感は一度食べたらやめられない。


card_format_ishimushiro-yohoen
カード表(クリック拡大)
card_format_ishimushiro-yohoen
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


石筵養蜂園
024-984-2171
日本全国
つくりて直送ギフト
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス