ホーム > 餃子の福原

餃子の福原

山口県山陽小野田市

つくり手/販売者・商品情報

【わかたけ】萩むつみ豚餃子
左から福原康孝(夫)、福原智美(妻)

【わかたけ】萩むつみ豚餃子

特製味噌の風味を生かしながら豚肉の旨味を引き立たせる


康孝ダイニングレストランを営業してるけど、業態を変えて新たに挑戦してみようと2020年に始めたのが「餃子の福原」。
智美全国にネット販売できるポピュラーな食品として考えたのが餃子だったのよね。商品開発には約1年かかったわね。
康孝誰も食べたことのない和洋のテイストが入った餃子というイメージはあったけど、つくるのはすごく難しかったよな。
智美一番難しかったのは、特製味噌と豚肉のバランス。味噌の風味を生かしながらも豚肉の旨味を消さないように。
康孝うちで使っている豚肉は萩市のむつみ地域で育てられたブランド豚「むつみ豚」。臭みがなくて甘味があるのが特長だね。
智美私の先祖がむつみ地域に住んでいたこともあって縁を感じたわ。養豚場も見学したけど、エサにもこだわって飼育している。
康孝焼き餃子協会から高い評価をもらったり、トリュフを使った餃子が話題になったこともあって、色々なメディアに紹介された。
智美店内に日本地図を貼って注文のあった都道府県にシールを貼っているけど、日本全国を網羅するまでもうすぐね(笑)。
康孝そうだね(笑)。自分が生まれ育った故郷に店を出して、餃子を通して人とつながれるのは嬉しいことだし励みにもなる。
智美これからもたくさんの人に笑顔になってもらえるような商品をつくっていきたいわね。



山口県山陽小野田市で餃子の製造販売を行う「 餃子の福原」。山口県萩市のブランド肉である「萩むつみ豚」や「長萩和牛」を使用し、岩国れんこんをはじめ素材にこだわって製造。



  • 【わかたけ】萩むつみ豚餃子
  • 【わかたけ】萩むつみ豚餃子
  • 【わかたけ】萩むつみ豚餃子
  • 【わかたけ】萩むつみ豚餃子

つくり手/販売者・商品情報

つくり手名 餃子の福原
地域 山口県山陽小野田市
代表者名 福原 康孝
URL https://www.haraya.jp/fukuhara/
出品商品 商品名 【わかたけ】萩むつみ豚餃子
商品内容 ・萩むつみ豚餃子12個入り ×3パック(約720g)
・特製ブレンド味噌大
・ラー油付きタレ ×6包
特記事項 ※特定原材料:小麦
お届け時期 通年
お届け地域 全国
お届け温度帯 冷凍
賞味期限 製造日より6か月