贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 常徳屋酒造

地元のカタログギフト

常徳屋酒造

宇佐市大字四日市

kaiwa_jyoutokuya
左から中園誠(夫)、中園香織(妻)

  • jyoutokuya_sub1
  • jyoutokuya_sub2
  • jyoutokuya_sub3

常徳屋セット

二人と商品の思い出

国産よりも九州産、大分産よりも地元宇佐産!
杜氏がこだわるうまい酒


酒造りをしたことがなかった僕は、結婚後2年間の修行へ行って、酒の事を一から勉強したなぁ。
香織そうそう。その時地元の原料を使って、お酒を作ろうと決めたのは平成15年かぁ。
3代目の社長でおわらせてしまうわけにはいかない。そんな風に思ったのも、銀行員時代にお客様のものづくりをしている姿を楽しそう!と形に残す喜びを知っていたからかもね。そして、宇佐は大分県で一番の穀倉地帯という事も知り、こだわって造ってみたという意識が生まれたな。
香織大麦は、ほとんど手に入らなかったけど、これだ!と思って使ったハダカムギ。実際、お酒造りにはとても粒が小さいから仕込みに苦労したね。
そうそう。試行錯誤したなー。美味しさも自信があるけど、どうしても、国産よりも九州産、九州産よりも大分県産、大分県産よりもオールUSA(宇佐産)!とにかく地元にこだわりたかったんよ。
香織そうだね。手間暇かけ、こだわったお酒だからこそ、今では直接小売店の方に酒蔵を見てもらったり、お互いに現地見学をしたりして、こだわりも大切にしてもらってるんだよね。
うん。だからこそ、お客さんに”美味しい!”って言われた時は本当に嬉しいんよ!
香織もっと、たくさんの方に知っていただけるように私たちもコツコツ頑張ろうね。
もっと美味しいお酒を造りたい。熟成させてまろやかさが増す道のりも杜氏として楽しみたい。



創業明治40年。地元の素材を厳選し、清冽な水と良質の大麦を使い精魂込めて造る常徳屋のお酒は、大分県産にこだわり地元の人が丁寧に仕上げた商品を紹介する「Oita Made」により全国に届けられる。


card_jyoutokuya
カード表(クリック拡大)
card_jyoutokuya
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


「常徳屋酒造」の商品は、大分県内で穫れたものを主原料に、
ここで暮す人々が手仕事で丁寧に仕上げた商品のみをご紹介するブランド
「Oita Made」でも紹介されています
http://oitamade.asia
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス