贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 夢・菓子工房 かめまん

地元のカタログギフト

夢・菓子工房 かめまん

福島県須賀川市西川町

ura-kaiwa_kameman
左から鈴木茂雄さん(夫)、鈴木郁絵さん(妻)

  • ura-sizuru_kameman
  • ura-sub1_kameman
  • ura-sub2_kameman

須賀川産コシヒカリ1等米を使ったママン

二人と商品の思い出

俺は俺なりのやり方でやっていければと思う


 
茂雄饅頭屋を創業したのは初代の亀三じいちゃんだった。
郁絵亀三さんがつくった饅頭だから、周りから「亀饅、亀饅」って言われるようになったんだよね。
茂雄それから100年近く続いてきた会社だから、継ぐときはそれを継続していかなくてはならないっていう不安はあった。よくうちの会長は代々「初代」って言って、その時代その時代の会社のやり方で会社をきり持っていく方針だったから、俺は俺なりのやり方でやっていければと思う。
郁絵そうだね。私はここに嫁ぐとき、お饅頭が食べれるってくらいしか考えてなかったな(笑)。
茂雄もともと銀行員だったから、経理関係はやってほしいとは思ってたよ。
郁絵結婚するときは、何にもやらなくていいよって言われてたんだけどね(笑)。
茂雄今は店番から経理から何でもやってもらってるね。
郁絵接客も楽しくて、お客さんに「ありがとう」って言ってもらえたり、喜んでもらうことは仕事の励みになるよ。
茂雄そうだね。この先は海外にうちのお菓子を出したい。実際のところ韓国に出す話は進んでるから、それがどのくらい広げるか挑戦してみたいね。
郁絵自分たちがつくったものが海外に出ることは嬉しい。うちは手作業だけど小回りは利くと思う。
茂雄そうだね。スピーディーにお客さんの要望に対応できることが強みだね。



テレビでも取り上げられる「なが~いロールケーキ」で有名な須賀川市自慢の創業100年「かめまん」。店主茂雄さんは代々初代のやり方でこれからもやっていきたいと語る。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス