贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > カネ筒農園

地元のカタログギフト

カネ筒農園

大阪府八尾市久宝寺

kawia_kanetutu
左から 筒井昭男さん(夫)、筒井広美さん(妻)

  • kanetutu_sum3
  • kanetutu_sum1
  • kanetutu_sum2

八尾市特産
べにたで加工品

二人と商品の思い出

夫婦二人三脚で守る特産品刺身のツマ
加工品もあるんやで


昭男紅たでの栽培や収穫などは絶対に一人でできない仕事やら、どんくさいと思うこともあるけど、カバーしてくれ本当にありがたいわ。
広美以前は市場への出荷やったけど、直接消費者に届けるようになって、いいものを新鮮なうちに届けたいという思いで、出荷の仕事をしてるんやで。筒井の両親から夫婦でないと農家はできないと言われたけど、よう今まで夫婦二人三脚でやってこれたなぁ。
昭男紅たでで育てたもらった身として、地元の紅たで農家が減っていく現状を見たら継がなあかんと思った。2000年にサラリーマンから転進し、今年(2016年)で16年目。八尾市はかつて全国1位の紅たで生産量やったけど、当時14軒あった紅たで農家も、今では2軒になってもうた。
広美子どもが継ぐ時には、紅たでで食べていけるようにせなあかんな。今はぎりぎりのところ。加工品をなんとか増やし、さしみ以外でも使ってもらえるようにしたい。そして、産業の地盤を大きくして、紅たでを後世に残していってもらいたい。
昭男将来の夢は、日当たりの良い屋上で紅たでを栽培し、中で加工し、下で物販を行うようなビルを建てることや。土を使わない紅たでやからこそできるねん。俺もこの八尾の特産品である紅たでを後世に残したい思いで、いろいろ考えてるねん。



紅たでのエキスを搾り出し、白醤油をベースに、大根とわさびをブレンドした新しい醤油が紅醤油だ。淡いピンクの色合いで見た目も良く、洋風の料理にカルパッチョとしても使いやすい。


card_kaneturu
カード表(クリック拡大)
card_kaneturu
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


日本全国
つくりて直送ギフト
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス