贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 出雲の手づくり漬物 けんちゃん漬

地元のカタログギフト

出雲の手づくり漬物 けんちゃん漬

島根県出雲市大社町

ura-kaiwa_kenchanzuke
左から成相由紀子さん(娘)、成相善美さん(父)

  • ura-sub1_kenchanzuke
  • ura-shizuru_kenchanzuke
  • ura-sub3_kenchanzuke

出雲の手づくり漬物 5品セット

二人と商品の思い出

旬の野菜を手づくり加工
地域から愛される「けんちゃん漬」


善美先代である父が、地域のみなさんから「けんちゃん」って慕われていてね。そのけんちゃんがつくってるお漬物だからいつの間にか「けんちゃん漬」って呼ばれるようになってね。
由紀子おじいちゃん、食べることが大好きだったけど体を悪くしてから好きなものを食べられなくなったじゃない?それを見てたから食で健康を支える人になりたいと思って、管理栄養士の資格をとったんだ。子どもの頃から食べる喜びや楽しさを沢山教えてもらったから、今は漬物を通して体も心も笑顔になってもらえるような取り組みがしたいなって思ってるよ。
善美生産者さんからいただいた大切な野菜を包丁で切り、塩を振って重石をする。手間がかかるけど、これでぐっと野菜の持ち味が引き出される。漬け方ひとつで味が全然変わっちゃうから、漬物ってすごいよね。機械に頼らず、野菜に触れるのは人の手だけ。このこだわりは譲れないね。出雲大社前のお店で、お客さんから「野菜の味が違うね」って言われると、自分達のこだわりが認められたような気がして嬉しいんだ。
由紀子あ~そうだよね。普段お漬物を食べないっていう若いお客さんも喜んでくださるから、もっと漬物の美味しさを伝えていけたらいいな。
善美「けんちゃん漬があって良かった」って思ってもらいたい、その一心だね。



「心のこもった手づくりの味」にこだわる「けんちゃん漬」。出雲地方の野菜を中心に厳選された国産野菜を使用し、包丁切りを大切に野菜の持ち味を生かした漬物は地元で愛され続ける逸品。


card_kenchanzuke01-01
カード表(クリック拡大)
card_kenchanzuke02-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス