贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 西会津弘法の郷

地元のカタログギフト

西会津弘法の郷

福島県耶麻郡西会津町登世島

kaiwa_kikurage
左から三留優子(妻)、三留弘法(夫)

  • sum1_kikurage2
  • sum2_kikurage2
  • sum3_kikurage2
  • sum4_kikurage2
  • sum6_kikurage copy
  • sum7_kikurage copy

西会津産きくらげと郷土料理こづゆセット

二人と商品の思い出

きくらげといえば、西会津産 しいたけといえば、西会津産


弘法きくらげ自体を本格的にやり始めたのは、震災があった年だね。
優子その前は、お試しみたいな形で、しいたけと一緒にちょっとやってたんだよね。
弘法あんまり人と同じことをやるのが好きじゃないから、どうせやるならしいたけだけじゃなくて、もうちょっと変わったもので、って思ってね。
優子でも、私もともとしいたけやる頃から反対はしてたから。
弘法そうだねえ(笑)。
優子農業なんてのは休みもないじゃない。そういう親の姿も見てたし、ええーって思ったよね。
弘法何も知らないところに入った方が、吸収も早いじゃない。だから、何も知らない農業っていう分野に、まあ、飛び込んだんだよね。
優子まあ、頑張ってるとは思うけどね。
弘法挑戦だよ挑戦。常にチャレンジャー。優子に却下されることも多いんだけど(笑)。
優子なんか言われて終わるんだったら、そこで終わる内容なんだな、って。
弘法将来性ないとね。まあ自分の夢としたら、西会津のきくらげがね、会津地方、もしくは中通り浜通りでも、もっと出てって手にとってくれたら嬉しいよね。
優子宣伝にもなるよね、西会津商品の。
弘法そうだね、西会津っていうブランド力をあげるっていうのが課題。きくらげといえば、西会津産。しいたけといえば、西会津産。



西会津町で、完全無農薬の菌床きくらげ栽培に取り組んでいる「西会津弘法の郷」。きくらげは、手のひらサイズほどにもなる大きさが特徴。きくらげを使用した加工品作りにも取り組んでいる。


kikurage_2
カード表(クリック拡大)
kikurage_2
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス