贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 鯵ヶ沢町役場

地元のカタログギフト

鯵ヶ沢町役場

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町

kaiwa_kinnnoayu
左から前田崇文(先輩)、十三学(後輩)

  • kinnnoayu_sum3
  • kinnnoayu_sum2
  • kinnnoayu_sum1

青森・赤石川の金の鮎

二人と商品の思い出

無事大きく育ってくれると本当にホッとするよな


前田俺は、別の仕事をしてたんだけど、空きがあるってお誘いがあって、この仕事に就いたんだ。地元だしな。
十三俺は、本音を言えばたまたまっすね。生き物にふれる仕事が楽しいかなって思って、役場で見つけたこの仕事をはじめたんすよ。
前田来たときは真面目に働いてたよね。今は…今も真面目なんだけどね!時々いたずらっ子だよな(笑)。
十三あはは。ゼロから教わって、怒られたりもしたけど、ここまでなれたのは先輩のおかげだと思ってますよ。
前田魚一匹一匹が大切っていう心がけで仕事するのが一番大事だよね。
十三そうっすね。やってみたら、消毒とか毎日の手入れが、思ってたより大変でしたね。
前田無事大きく育ってくれると本当にホッとするよな。
十三放流に行って、地元の人に今年の鮎は大きくてよく泳ぐなって言われれば、達成感があるし、自信がつきますね。
前田俺たちの鮎を、おいしいって言ってもらえたり、毎年来てくれるお客さんがいるから、嬉しいよな。
十三地元の人たちに接しているうちに、この仕事が楽しいって思うようになりましたね。
前田やりがいは本当に感じるよな。
十三立派な鮎を育てるのが自分への課題っすね。いい鮎を届けたいっす。
前田んだな。赤石川の鮎を、いろんな人に食べてほしいよな。



白神山地の恵み・赤石川の水を使って大切に育てられた「金の鮎」。10年以上養殖に携わる前田は、「自然な環境に近い状態で育った鰺ヶ沢町の鮎は、香りがよく、本物の川魚の味が楽しめる」と太鼓判を押す。


kinnoayu2
カード表(クリック拡大)
kinnoayu2
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス