贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > kirke kafe(シリケカフェ)

地元のカタログギフト

kirke kafe(シリケカフェ)

長野県小諸市市

kaiwa_kirkekafe
左から永井匠さん(夫)、永井 美香子さん(妻)

  • kirkekafe_shizuru
  • kirkekafe_sub2
  • kirkekafe_sub1

ノルウェーワッフルとオーガニック紅茶のセット

二人と商品の思い出

誰もが温かく受け入れられる
Kirke(教会)のカフェ


前にやっていた車椅子の仕事で何度も訪れたスウェーデンに惹かれちゃって、生まれた息子の子育てをスウェーデンでしたくて仕事を探したんだよね。
美香子でも、スウェーデンではなかなか仕事が見つからなくて、お隣のノルウェーで見つかったから、まぁ行ってみるかって(笑)。
障がいがある人と一緒に暮らしながら働く自給自足の村に移住して。
美香子そこでドイツ人のパン焼きマイスターのラルフのパン工房でアシスタントになったんだよね。「お前言葉通じないのに仕事の覚えが早いな。ついてこないか?」って言われてね(笑)。
日本に帰ってきた時、長野でノルウェーで食べてたブラウンチーズを見つけた時は嬉しかったね。でも、そのチーズに合うパンが日本になくて。思い出しながらラルフのパンを焼いてブラウンチーズと一緒に食べているうちに、皆にもおいしいラルフのパンをブラウンチーズと一緒に食べて欲しくなって(笑)。
美香子シリケカフェって名前は教会の日曜礼拝後にあったお茶会のこと。外国人だし子連れだし遠慮することも多かったから、区別なく温かく迎え入れられて本当にうれしかった。
「誰もが温かく受け入れられる場所」になりますように、という願いをこめて「kirke kafe」。
美香子実際お客さん同士が仲良くなったり、疲れた人が癒されたり、本当に不思議な空間になってて、毎日感謝だね。



北欧風の店内は木のあたたかで落ち着いた雰囲気。ノルウェー仕込みのパンは、長野県産の粉と小諸の卵で素材にもこだわっている。オーガニックハーブティーの種類も豊富。パンのみの購入も可能。


card_kirekekafe
カード表(クリック拡大)
card_kirekekafe
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス