贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > マルキチ阿部商店

地元のカタログギフト

マルキチ阿部商店

宮城県牡鹿郡女川町

マルキチ阿部商店
左から阿部淳(子)、阿部すが子(親)

  • kobumaki_sum1
  • kobumaki_sum2
  • kobumaki_sum3


リアスの詩

二人と商品の思い出

女川のものを使った商品で
女川の名前をもっと外に出していきたい


「リアスの詩」ができたのは、俺が高校生のときだったな。
すが子私とお父さんで作ったのさぁ。「さんまも昆布も、三陸のもの使ってっから「リアスの詩」って名前がいいじゃないの」って私が言って。
覚えてるよ。商品にそういう名前をつけるのは先進的だったよな。女川のものを使って、女川の名前をもっと外に出していこうってことで商品開発してたんだよな。今にしてみれば、あれが俺の人生の転換期だったんかもね。
すが子あの頃はまだ、二次加工っつうのをする人はいなかったんだもの。そしてさんまも鮮度のいいの、昆布も美味しいの、お酒もお醤油もこだわったもの。一番たくさん入ったのは愛情だと思うけんどね。
いいこと言うね〜。
すが子んだよぉ。とにかく子ども育てるように手をかけないと、良い色が出てこねぇのよ。
いやあ、本当にね。俺も潰すのはもったいないと思って戻って来たしな。
すが子戻って来てくれて、おかげさまよ。淳がいなかったら、大変だったと思うよ。
二人でちょうど良いコンビだね。二人で一人分の働きというか(笑)。
すが子あはは、そうそう。
二人体制で良かったと思うよね。だけど従業員のみなさんにも、お客さんにもたくさん助けてもらってる。ファンになって、いろんなところで声をかけてもらって。本当に感謝感謝です。



南三陸・女川の手作りの味を届ける「マルキチ阿部商店」。「津波でレシピも何も流されたけど、みんなで元の味付けに戻したのよぉ」とすが子。魚の昆布巻きや、佃煮などを伝統の味で仕上げている。(91)


kobumaki_front
カード表(クリック拡大)
kobumaki_back
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス