贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 小鮒農園

地元のカタログギフト

小鮒農園

栃木県那須郡那珂川町

kaiwa_kobuna_farm
左から小鮒拓丸さん(夫)、小鮒千文さん(妻)

  • kobuna_farm_sum3
  • kobuna_farm_sum1
  • kobuna_farm_sum2

小鮒農園の
里山野菜セット

二人と商品の思い出

農と食を通して、夫婦がつくりあげる
これからの暮らし方


拓丸小鮒農園としては、千文さんが野菜を活かす方の仕事に完全に、頭と身体をつかっていただいているので、逆に一緒に農業をやってしまうと、それがだめになってしまう。
千文1年目は一緒にやったんだけど、全然手伝いになってなく、邪魔しているなって思った。私、体力もあまりないし、畑、むいてなかったんだよね。2年目からは、自然と分業というか農と食っていう、このスタイルでやってきているよね。
拓丸そうだね。割と自然とそうなった感じだよね。
千文もともと地に足をついた暮らしをしたいってお互い話していて、私は自分のため、家族のために、若い頃からはじめたマクロビオティックや薬膳料理の勉強のことが、自然発生的に今の仕事の形になっていったと思うの。
拓丸それと那珂川町は、若い有機農家で新規の人がいたので、農業を始めやすかったというか。土台をつくってくれていたし、それも結構大きいと思う。
千文基盤をつくってくれていたからね。那珂川町は、千葉とは気候風土とか土地も、性格的にいろいろ違うので、栃木特有の里山の良さがある。なんかそこをちゃんと楽しみつくす、味わいつくすっていう感じでいけたらいいな。
拓丸いいね!海の魚から川の魚にかわって、海藻から山菜にかわってみたいな。それプラス里山でとれる野菜でね。



定番の野菜から西洋野菜までを育てている「小鮒農園」。震災後、千葉県へ移住して農業を学び、その後那珂川町で就農した。“農”と“食”という自分たちの得意分野を通じて、地域を元気にしていきたい。


card_kobuna_farm
カード表(クリック拡大)
card_kobuna_farm
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス