贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 小池農園

地元のカタログギフト

小池農園

長野県下高井郡木島平村

小池農園
左から小池喜雄(父)、小池雅章(子)


  • 小池農園風景
  • 小池農園稲
  • 小池農園風景2

木島平米

二人と商品の思い出

親父がつくった基盤があったから
「農業やるなら米」と思えた


喜雄兄(雅章)が米をはじめて、へぇ10年も経つか。まあ、俺は楽んなったけどな。
雅章俺が就農したのは21の年だから、こんで13年目か。高校卒業するときは、農業やるって気持ちはなかったからな。
喜雄中学んとき、俺から1回だけ言ったことあったよな。
雅章あったなぁ。後にも先にもそのときだけだな、そんなん言ったのは。
喜雄そんで兄は、「自分の人生を勝手に決めるな」って言ってな。
雅章ああ、そんなこと言った? そんなに詳しく覚えてねぇんだけどな。ははは。
喜雄そんとき俺は、「好きなようにしろ」って言ったんだ。それ以上は、何にも言わなんだ。
雅章そうだよな。「こうしろ」ってのも言わなかったな。
喜雄自分で決めたことは、自分で責任を持ってするってぇのが大事だでな。こうゆう風にやれっていうのは、俺は言いたくねぇ。
雅章だから、専門学生の時に「農業をやる、米を作る」って決めたのも俺自身だったしな。
喜雄俺は「それ見ろ!」と思ったけどな。
雅章あははは。でも親父がいて、親父がやった分の基盤があったから、農業やるなら米って思った部分はあるわな。
喜雄まぁ、今は米も自由にできるからな。へぇ、自分で好きなようにやれ。
雅章米は日本人の主食だからな。米そのものを、美味しくいっぱい食べてもらえるように頑張るさ。



木島平村の米農家「小池農園」。「生まれたときから米農家」と豪語する父・喜雄と、専門学生時代の農業アルバイトから家業を継ぐことを決めた息子・雅章が2人で米づくりをしている。


小池農園
カード表(クリック拡大)
小池農園
カード裏(クリック拡大)



木島平産コシヒカリ 特別栽培米新米(プレミアムギフト)


木島平産コシヒカリ 特別栽培米新米
カード表(クリック拡大)
木島平産コシヒカリ 特別栽培米新米
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


小池農園
0269-82-3045
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス