贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 久保コンバイン

地元のカタログギフト

久保コンバイン

青森県三戸郡南部

久保コンバイン
左から久保利樹(夫)、久保たか子(妻)

  • 久保コンバイン風景
  • 久保コンバイン田植え
  • 久保コンバイン風景2

利樹さんのまっしぐら

二人と商品の思い出

籾で保存するから毎日新鮮な米が食卓に。
何杯でも食べられる米だと思う


たか子料理専門の私にとっては米がいつでも手に入るのはありがたいね。
利樹だろうね。毎食だいたい米だもんな。ほかとは違って籾(もみ)の状態で保存するからいつでも新鮮な米が食べられるし。
たか子あまりないよね。玄米で保存とかは定着してきたけど、籾でってのは聞かない。
利樹このあたりの独特な風習だろうね。
たか子うん。でもそれを毎日食べられるのは農家とは言えぜいたくなのかな?
利樹まあ、自分とこの米しか食わないんだから、うまいかどうかは分からないけどね(笑)。
たか子ははは。確かに。比べようがない。
利樹いや、でもこの間つや姫食べたわ。
たか子本当?どうだった?
利樹うん。めちゃくちゃうまがった。
たか子え~!! ははは。うちのまっしぐらより??
利樹うーん。特徴が違うから比べられないんだけどね…。このへんは秋口に急に寒ぐなったりするから米づくりの条件として恵まれているわけではないんだけど、それでも甘みが控えめであっさりしてるから、何杯でも食べられる米だと思う。有名な米みたいに芳醇ではないけれど、飽きなくてうまい。
たか子子供たちも好きだもんね。
利樹うん。食べでもらえるのが一番うれしいよな。米農家が少なぐなってきてるからどんどん米を食べてもらって若い米農家を増やしていきたいな。



土地にあった栽培方法と若い感性で小さな農村の米づくりを支える「久保コンバイン」。地域で一番若い米農家が、気象条件や米消費の落ち込みにも負けずに、有機肥料や減農薬で育てたお米です。


久保コンバイン
カード表(クリック拡大)
久保コンバイン
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


久保コンバイン
080-5225-5426
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス