贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 山幸

地元のカタログギフト

山幸

群馬県吾妻郡中之条町

kaiwa_kuni-maitake
左から山本幸人さん(叔父)、清水健介さん(甥)

  • kuni-maitake_sum1
  • kuni-maitake_sum2
  • kuni-maitake_sum3

六合からお届け!
ぷりぷり舞茸

二人と商品の思い出

油との相性バツグン!
コリコリした食感がくせになるよ


山本六合で舞茸をつくり始めたのは25年くらい前かな?
清水学生の頃からバイトでちょこちょこ手伝って、ここでちゃんと働き始めて4年位経ちますね。
山本まだ4年か!けんが生まれた時からずっと知っているけど、まさかうちで働くとは思ってなかったな。
清水最初、東京に出て働いていたけど、子どもが生まれたことがきっかけで、六合に戻ってこようと思ったんですよね。周りに声をかけてみたけど全然仕事がなくて。最初は仕事がみつかるまでアルバイトさせてくれってことで働き始めて、そのままここで働いているんですよね(笑)。
山本この辺は山だけどさ、あそこにいい木があるとか、いい山菜があるって見るのが楽しいんだよね。
清水そうそう、山菜だって取り放題!山奥の山菜は、ほんとおいしいですよね。
山本舞茸は、天ぷらやバター炒めにして食べるのがおいしいんだよなー。
清水うちの子どもは、味噌汁に入れて食べるのが気に入ってますよ。油で炒めてから味噌汁に投入するんです。そのまま入れるのももちろんおいしいんだけど、炒めてから入れるとコリコリした食感が残ってかなりおいしい!
山本そうだね、うちはごま油を使うのがポイントだな!
清水炊き込みご飯や混ぜご飯の時も、まず油で炒める!とにかく油との相性がいいから、ぜひ試してほしいね。



高地で栽培し、市場には一切出回らない「六合舞茸」。肉厚でプリプリコリコリの歯ごたえを楽しんでもらうため、「有限会社山幸」では、そば処「野のや」の運営もおこなう。


card_format_kuni-maitake
カード表(クリック拡大)
card_format_kuni-maitake
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


山幸
0279-95-5650
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス