贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > マルカりんご園

地元のカタログギフト

マルカりんご園

福島県二本松市戸沢

kaiwa_maruka
左から熊谷耕平さん(息子)、熊谷耕一さん(父)

  • maruka_sum1
  • maruka_sum2
  • maruka_sum3

羽山高原
りんごジュースセット

二人と商品の思い出

家族でりんごづくりができるのは嬉しい!


耕一うちは、戦後にりんごをつくりはじめたら、もう65、6年になるのか?
耕平うん、それで今度僕が4代目になるね。初めて継ぐことを意識したのは、近所の友だちがりんご農家を継ぐ話をしたときかな。その後、高校卒業して、農業短期大学校に進学、先生の紹介で農薬の卸売業に一旦は就職したんだけど。
耕一徐々に戻ってくるってことになったんだよな。
耕平戻ってきて3年くらいたってから、地元でワイナリーを立ち上げることになって1年半くらい働いたけど、ワイナリーに行くまでの2ヶ月の間にやったりんごの摘果はとんでもなく忙しかった。5、6月は忙しい時期だけど、休みなんてなかったし、2週間同じ作業をやって、幻覚を見たよ(笑)。ところで、りんごジュースってどこで売ってるの?
耕一注文受けて売ったり、道の駅だったり。インターネットみて全国からも注文がくるな。
耕平今はインターネットもかなり普及しているからね。でも、同じような人数でやるなら同じ規模、もしくは、品質向上に力をいれたいね。家族経営だから、拡大よりは品質向上なのかなって思ってる。時期によっては従業員の方にも助けてもらったりもするけどね。
耕一後継者が全国的に不足している中で、家族でできるのは嬉しいな。期待することはおおいにあるけど、自分たちでやらなきゃな。


あぶくま高原特有の栽培に最適な環境のもと、家族の愛情を受けて育ったりんごがぎゅっと詰まった、無添加のりんごジュース。父・耕一は小さなお子さんにも安心して飲んでほしいと語る。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス