贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 〇道りんご園(まるみちりんごえん)

地元のカタログギフト

〇道りんご園(まるみちりんごえん)

福島県須賀川市江持

ura-kaiwa-marumichi
左から薄井道夫さん(夫)、薄井征子さん(妻)

  • ura-sizuru-marumichi
  • ura-sub3-marumichi
  • ura-sub1-marumichi

色よし味よし姿よし
私はおふじと申します

二人と商品の思い出

手はかかるけど、
りんご育てるのはやっぱり愛情だない


征子実家がりんご農家だったから2人でりんごつくるのに、とりつくのは楽だったない。
道夫だけど、俺が剪定やると実家ではそんな風にやってなかったとか、ケチつけんだ(笑)。
征子うんうんうん(笑)。
道夫俺は百姓になって最初は何やっていいかわからなかったから、他のりんご農家の人の話をずーっと聞きっぱなしだったな。
征子んだない。でも、いろいろなことを聞いて、聞く耳を持たなきゃだめだない。それで今は自分で美味しくなるように、工夫してりんごつくれんだから。
道夫手はかかるけど、りんご育てるのはやっぱり愛情だない。果物は生き物であっても声を出さないから。水ほしい時に我がばっか晩酌やっててもだめだかんない(笑)。
征子やっぱり子どもみたいに育てれば、症状わかんだよない。
道夫んだな。葉っぱとか姿を見て、何がほしいとかはわかんだ。うちのりんごが霜降りみたいになるのは10月くらいに企業秘密の栄養剤をやっからなんだよね。
征子人間だって体は食べ物で作ってっからない。
道夫 形だけではだめなんだやっぱり。色々な病気だって太ってる人ばっかりなるわけじゃねえし、細い人ばっかなるわけでないから。何を食べてるかが大事なんだよな。
征子今は息子も一緒にやってくれてて、いろんな人が喜んでくれっからりんごづくり、始めて良がったな。



息子夫婦も協力し沢山の種類のりんごを子のように愛情込めて栽培する「○道りんご園(まるみちりんごえん)」。実家がりんご農家であった妻・征子が、りんご果汁100%ジュースの担当をしている。


card_marumichiringoen
カード表(クリック拡大)
card_marumichiringoen
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


〇道りんご園(まるみちりんごえん)
0248-76-2065
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス