贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 松下農園

地元のカタログギフト

松下農園

長野県大町市大町

松下農園
左から松下茜(子)、松下豊弘(父)


  • 松下農園風景
  • 松下農園風景2
  • 松下農園料理

信州黄金シャモ

二人と商品の思い出

もっと研究して、本当に美味しい
信州黄金シャモをつくりたいなぁ


私が初めて信州黄金シャモを食べたのは、確か5〜6年前だと思うんだけど。
豊弘そんなもんだな。2007年だったか。そんな頃にこの鶏ができたで。
はじめは唐揚げで食べちゃったんだよね…
豊弘唐揚げはダメ。油で旨味が消されちゃうから。だから、油引かないでくださいって必ず言うの。蒸す感じのほうが美味しいから。
そうだよね。水炊きとか親子丼にしたほうが、味が出て美味しいよね。
豊弘旨みがあるのにヘルシーだで。いつも「女性向きの鶏です」って必ず言う。コラーゲンもすごいよ〜。あのスープを見ると、みんなびっくりする。
うん。あれはすごいよね。あとは出汁! 職場のおばさまたちも、出汁として使ってるって方が結構いるよ。
豊弘女性は味が分かるでなぁ。もっと研究して、本当に美味しいやつをつくりたいなぁ。
お父さん、昔よりも没頭してやってるよね。最初は私もお母さんも「ただの趣味だから、やりたいことをやってるんだろうな〜」って思ってたんだよ。でもいつの間にか趣味じゃなくなったね。
豊弘1回、本当に美味しいのが出来た。そうすると、もうそれ以下だとダメ。気に入らなくって。あの味を再現するために研究やアレンジをしないと。
もう、これだけ突き抜けられちゃうと私たちは何にも言えません(笑)。納得するもの作ってね。



長野県が独自に開発した「信州黄金シャモ」を飼育している「松下農園」。歯ごたえ・うま味・風味の三拍子が揃った新品種地鶏は、従来の地鶏よりもヘルシーでジューシー。旨みを存分に堪能できる。


松下農園
カード表(クリック拡大)
松下農園
カード裏(クリック拡大)



信州黄金シャモのおいしい食べ方

うちの鶏肉はね。鶏自体が味の素なの。


shamo1
農家 松下豊弘さん

スタッフ佐久間「だからね、うちの鶏を使いたいって人に言うの。味付けは必要ないって。手を加えたらダメ。
味付けをしちゃダメなんじゃなくて、必要ないの。鶏自体に旨味があるから。」

独特の語り口調でそう教えてくださった松下さん。
「私はね。農家だから加工品はやらないの。」と仰っていたのが印象的でした。

商品の食べ方に関しては、極力味を加えずに。シンプルに。
塩焼きか水炊きがおすすめだそうです。

訪問写真記

shamo2
スタッフ佐久間松下さんがシャモを育てているのは、長野県の北西部に位置する大町市(おおまちし)。あの「黒部ダム」で有名な「立山黒部アルペンルート」の長野県側の玄関口です。訪問時大町駅周辺を探索したのですが、駅から続く商店街から少し脇へ入ると、「大町名店街」というアーケードのあるさらに小さな商店街が。1970年初めに完成したというこの商店街。青い看板と証明で統一されていて、いい意味で哀愁が漂い、まるで昭和時代にタイムスリップしたかのようでした。

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


松下農園
090-4230-9198
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス