贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 南三陸モアイファミリー

地元のカタログギフト

南三陸モアイファミリー

宮城県登米市迫町

kaiwa_moaifamily
左から 柳井謙一(ビジネスパートナー)、渡邊陽介(ビジネスパートナー)

  • moaifamily_sizuru
  • moaifamily_sub2
  • moaifamily_sub1

宝石トマト詰め合わせ

二人と商品の思い出

海も山も近くて人も温かい、
南三陸に住みたいと思った!


柳井俺たちは完全にビジネスパートナーで社長の肩書きはなし!会社の規模が小さいから社長って呼ばれるとどうもなあ。
渡邊よっ、社長~!うぉい~!
柳井そうなるからいやなんだよ(笑)。ビジネスパートナーだね!
渡邊BPですね、BP!
柳井(笑)。思い返すと俺達の馴れ初めは、観光協会の裏側でタバコ吸ってた時だったなー。
渡邊そうそう。僕はNPOで働いている時でね。
柳井俺は観光協会でね。うわーこの人ちょっとお調子もんだなって印象(笑)。
渡邊僕は元々営業が好きだったから、営業をしている時がすごく楽しくて!!面白いんですよねー。
柳井1日の営業の感想文送ってくるもんね(笑)。「営業楽しいです!」みたいな。相当向いてるんだなーって思ったよ。面の皮が厚いからさ、入りづらいお店でも「どうも~!!」って入って営業始めるからね(笑)。すげーなって思うよ、ほんと!
渡邊あはは(笑)。
柳井こんな感じだけど腕はすごいからなぁ!実は真面目だしね。仕事になるとスイッチが入る!
渡邊前職の旅行関連会社で担当をしていたこともあって南三陸に住みたいと思っていたんだよね。宮城県の沿岸でなんか一番好きでさ。こっちに来てから生まれた子どもが今4歳になったんだけど暴れて暴れて…!
柳井いやいや、あなたの方が暴れているからね(笑)。



宮城県登米市に事業所を構える「南三陸モアイファミリー」。2013年にイースター島より贈られたモアイ像をモチーフとしたグッズの企画、販売を行い、南三陸町の復興支援、観光再生の一端を担う。


card_moaifamily_omote
カード表(クリック拡大)
card_moaifamily_ura
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス