贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > もくもく絵本

地元のカタログギフト

もくもく絵本

岩手県遠野市中央通り

kaiwa_mokumokuehon
前川敬子さん(代表)、松田希実さん、徳吉敏江さん、豊田純一郎さん(社員)

  • mokumoku_sizuru
  • mokumokuehon_sum1
  • mokumokuehon_sub1

遠野の森の木の絵本 おはなし木っこ

三人と商品の思い出

木に触る機会を増やして木の良さを子どもに伝えたい


前川「私はテレビゲームができないけど、孫がこれを持って『おばあちゃん、遊ぼ』って来てくれるんです」こんなハガキをお客様からいただいた時は嬉しかったです。
徳吉前川さんのお孫さんも、この木の絵本で遊んでますよね?
前川そうですね。うちの孫が遊ぶ様子は、もくもく絵本のHPで公開しています。
松田私の子どもは試作段階の時小さかったから、実証実験のように遊んでもらいましたよ。舐めても安全だとかわかってちょうどよかったです(笑)。
前川檜が好きとかね。「味が良いのかな」とか思いましたよ。
徳吉木の絵本で遊ぶと、いい子が育つことも実証してくれましたね。
松田確かにお腹は丈夫です(笑)。安全性の他にも、どの大きさが子どもの手に持ちやすいかとかも、実際に遊ぶ中でわかりました。
徳吉試作を沢山つくりましたよね。「製品のクオリティはエッジで決まる」ってアドバイスいただいて、どれだけ職人さんと調整したか…。それでも2006年に起業してからあっという間ですね。
前川そうですね…。様々な支えがあったからこそですが、私の人生ではずせないことの一つになりました。
松田前川さんから声をかけてもらったときは、遠野に来てすぐで、知り合いもいない時期だったので、世界を広げていただきました。次の世代にずっと繋げたいですよね。
徳吉私もこれに携われて、皆と知り合うことができたし、幸せだなって思ってます。



遠野市に縁あって移住した3人の女性と、遠野市出身で木材に精通した1人の男性からなる企業。市内で育った間伐材を使い、民話の文化を伝える本品は、世代を超えて愛され、数々の賞を受賞している。


card_mokumokuehon_omote
カード表(クリック拡大)
card_mokumokuehon_ura
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


日本全国
つくりて直送ギフト
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス