贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 納屋商店

地元のカタログギフト

納屋商店

三重県鳥羽市菅島町

ura_kaiwa_nayashoten
左から小寺雄一さん(夫)、小寺めぐみさん(妻)

  • sizuru_nayashoten
  • ura_sub2_nayashoten
  • ura_sub1_nayashoten

海女もん 風の島の糸わかめ

二人と商品の思い出

子どもたちに素敵な故郷を残したい


めぐみ付き合い始めで愛知におった頃は、私は魚介類が全然食べられんかった。たこ焼きのタコをのけてたくらい(笑)。やけど、初めて島に来たとき、お義父さんに食べさせてもらったお刺身は、本当に美味しかったよ。
雄一新鮮さが違うやんね。めぐみが魚介類も島のことも気に入ってくれて良かったな(笑)。島に帰らなきゃあかんのは生まれた時から決まっとったでな。
めぐみ愛知にいた頃は、お嫁さん連れて帰るのが使命の一つやったやんね(笑)。ここでは女の子が生まれると、赤い石を海に投げて、幼いうちから取りに行かせるっていう海女さん文化があるんやよね。びっくりやったわ!
雄一昔から伊勢志摩を代表する海女さんのお祭りがあるくらいやからね。菅島特産の糸わかめも、島の女性がつくっとるんやよ。これは獲れたてのわかめを乾かして、綺麗に洗って、芯を抜いて、葉を細く割いたものやよ。大きなわかめを、針の付いたブラシで、丁寧に扱わなあかんから、すごく手間暇かかっとる。しかも湯に通さず海風の天日干しやで、磯の香りとミネラルがたっぷり!
めぐみこれもこの島の風や潮が読めんと、良いものが出来ないんやよね。今は島のお年寄りしかできる人がおらんから、教えてもらって出来るようになりたいよ。
雄一この島だけの文化、しっかり引き継がなね。出来れば自分たちだけやなくて、子どもたちの素敵な故郷として残したい。全国に向けてもっと菅島を発信しよな!



鳥羽市本土と海を挟んで隣り合う風の島、菅島で商店を営む「納屋商店」。綺麗な海と豊かな磯に囲まれたこの島では、新鮮な魚介だけでなく天然の海藻が特産。菅島の「糸わかめ」の製法は日本で唯一。


card_naya-01
カード表(クリック拡大)
card_naya-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


納屋商店
ahcsirla@gmail.com
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス