ホーム > 悦ちゃん農園

地元のカタログギフト

悦ちゃん農園

島根県仁多郡奥出雲町

ura-kaiwa_nitamai
左から渡部悦義さん(夫)、渡部篤子さん(妻)

  • ura-shizuru_nitamai
  • ura-sub1_nitamai
  • ura-sub2_nitamai

悦ちゃん農園の仁多米

二人と商品の思い出

おいしくて安心安全な作物づくりを


篤子有機農業に力を入れるようになったんは地球環境についての講演会を聞いてからだわね。
悦義ご先祖様のおかげでこうやって山村の源流のきれいな水で農業できる。本当にありがたいことだし、自然を大切にせんといけんわ。そして、愛着をもって育てた食べ物を全国へあげして送って、喜んでもらったりいうのが生きがいだわね。
篤子わざわざ東京から田んぼを見に来てくださった方もおったね。冷めても美味しい!とか、もう他のは食べれんわ!ってお声も頂いたり、みんな悦ちゃんのお米を楽しみにしてくださっててありがたいことだわね。
悦義農薬はほとんど使わんし、化学肥料もやらん。自然の力をいただいてただ誠実に愛着持ってつくったお米だけん、お客様にも直接届け、ご縁を大切にしてるね。
篤子お客さんにとっても生産者の顔が見えて安心やろうし、私らもお客さんの生の声を聞けるんが良いわね。
悦義自然堆肥とか草取りとか手作業が多いから、一年中休みはないけど、誰が食べても安全なもんつくらないけんと思う。
篤子田舎体験なんかもやってるし、悦ちゃんのまじめな農業と自慢の田んぼを見に来てもらえたらいいね。
悦義これからもうちみたいな小さい農家でも農業を続けながら暮らしていける「持続可能な社会」っちゅうのをみんなで目指さんといかんわ。地域の特性を活かした農業とか、まずは自分がやってみることだね。



奥出雲の米農家「悦ちゃん農園」。山から最初に流れてきた綺麗な水を使い、自然堆肥や手作業による草取りなど手間暇を惜しまない。愛情たっぷりに育てられたお米は奥出雲の旨味が詰まっている。


card_nitamai01-01
カード表(クリック拡大)
card_nitamai-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります