贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 二反田醤油店

地元のカタログギフト

二反田醤油店

中津市大字上宮永

kaiwa_nitanda
左から二反田新一(父)、二反田圭佑(息子)

  • nitanda_sub1
  • nitanda_sub2
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蔵からの贈り物

二人と商品の思い出


大正8年から愛されている醤油屋
みんなに喜ばれる美味しい醤油を届けたい

新一 醤油屋の後継ぎとして、戻ってくる時はどんな気持ちだったの?
圭佑 大学は醸造を学んでたし、同じ環境の仲間もいるから、なんのためらいもなく1年修行して自然に戻って来た感じかな。
新一 そうなんだね。今は、1000軒あるご近所さんの内、300軒ほど醤油の配達を任せてるけど、どうなの?
圭佑 おじいちゃん、おばあちゃんの家にお邪魔すると、つい長話したり、お土産をもらったり…地元の温かさを感じているよ。
新一 嬉しいね。各家庭に醤油を配達するのもやりがいやなぁ。
圭佑 うん。〝この前の醤油、この料理に合うね!〟とお客様とコミュニケーションを取れると嬉しいね。
新一 そうそう、今これが流行ってるから…ではなく、自分が本当に欲しいものを作りたい。
圭佑 うん。ちょっとした工夫で新しいものができた時に、お客様へ想いが伝わることがとても嬉しいと感じるからこそ、醤油屋としての、可能性がたくさんあると思う。
新一 周囲から頼まれて作り始めたドレッシングやオリジナル醤油も、見た目や味にこだわっていったら、自然とリピーターも増えたし、もっと喜ばれるものを作りたいね。
圭佑 うん。新しいものも作っているけど、全て手作業でやってるし、目視しながら醤油が出来るまで会話をしてるここまでの過程をぼくも守っていきたい。
新一 従業員さんと共にみんなが幸せになる醤油屋として次の世代を繋ぐよ。よろしくね。



地元の大豆・小麦、蔵の井戸水を使い常温の桶の中でゆっくりと仕込み、発酵と熟成が繰り返される。当商品は大分県産にこだわり地元の人が丁寧に仕上げた商品を紹介する「Oita Made」により全国に届けられる。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)


※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


「二反田醤油店」のサイトはこちら
http://www.nitanda.com/

「二反田醤油店」の商品は、大分県内で穫れたものを主原料に、
ここで暮す人々が手仕事で丁寧に仕上げた商品のみをご紹介するブランド
「Oita Made」でも紹介されています
http://oitamade.asia
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス