贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > のらくら農場

地元のカタログギフト

のらくら農場

長野県南佐久郡佐久穂町

kaiwa_norakuranojyo
左から宮嶋達也さん(スタッフ)、萩原紀行さん(社長)

  • norakuranojyo_sum3
  • norakuranojyo_sum2
  • norakuranojyo_sum1

あったか3種のスープセット

二人と商品の思い出

子どもでも思わず手を伸ばしたくなるスープ


萩原会社を辞めて1997年の夏に東京から来たんだけど、その時は冬の寒さを知らなかったんだよね。寒いの苦手なのに(笑)。他の場所は探さずに、ここに住もうとすぐ決めたね。
宮島潔いですよね(笑)!僕はセネガルで野菜栽培を経験して、今後の人生は農業をやっていきたいと思って、ここの求人を見て来たんですよ。今から2年半前だから28歳の時だったかな。
萩原スープは丁度たつさんがここに来た年からつくり始めたんだよね。「正直言うと、ここの冬は仕事がないから、スープつくろう!」って。よくついてきてくれたよね(笑)。
宮島具材の野菜選びから、調理方法、パッケージのデザインまで、本当に一から全部つくりましたよね。関われてすごく良かった。
萩原チーム力をアップするのに役に立ったよね。「バーコードってどうやってつくるんだ?」とか、色々大変だったな(笑)。添加物は入れずに品質にこだわってつくって、最終的には子どもでも思わず手を伸ばしたくなるような美味しいスープができたと思ってるよ。
宮島状況に応じて変化していけるところが、僕たちの持ち味だと思うな。良い変化をしていけるように萩原さんと一緒に頑張らなきゃと思ってますよ!
萩原一歩先が良く分からないままでも、止まってしまうんじゃなくて、先に進む力をつけていきたいよね。



1998年より身体に優しい野菜づくりを目指し、有機野菜を栽培している「のらくら農場」。手間暇かけて畑のミネラルのバランスを考え標高1000mの湧き水が豊富な場所で採れる野菜は格別の味。


card_norakuranoujyou
カード表(クリック拡大)
card_norakuranoujyou
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス