贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 石田食品

地元のカタログギフト

石田食品

島根県仁多郡奥出雲町

ura-kaiwa_odaizuni
左から石田信雄さん(師匠)、糸原輝美さん(製造担当)

  • ura-sub2_odaizuni
  • ura-shizuru
  • ura-sub1_odaizuni

からだお大豆にセット

二人と商品の思い出

関わっているすべての人の
「顔が見える」お豆腐


糸原地元産大豆を使うことで豆腐に関わるすべての人の「顔が見える」お豆腐。こういうこだわりが出来たのは、石田君が継いでからなんだよね。
石田あげあげ。最初は兄貴が大学を卒業して継ぐまでの中継ぎ、と思ってやってたら全然上手くいかんしね。
糸原そんな時期があったんだ(笑)。
石田さすがにこれじゃあダメだと反省して心を入れ替えたんだよ。日本中の豆腐屋さんを研究したら、やっぱり美味しい豆腐には素材の大豆とにがりにこだわらなきゃ、って思って。国産大豆にこだわっていくと、自分の目の届くところでやりたいな、みたいにこだわりが出来てきたね。
糸原この豆腐は大豆の旨みが全然違うよね!
石田最近の子どもたちは普段スーパーの豆腐食べてるから、最初は「豆臭い!」ってびっくりするね(笑)。ああいう薄い豆乳を添加物で固めてる、味のしないのが豆腐だと思っちょうけんねぇー。
糸原そういう子に自分で豆腐をつくって食べてもらうと「豆乳もにがりも美味しくなかったのに豆腐になったら甘い!美味しい!」って言ってくれる。こういう発見のお手伝いは大切にしたいね。
石田そうだね。豆腐の本当の美味しさや奥深さを知ってる人が増えていってほしいなぁ。
糸原豆腐は生き物だもんね。油揚げなんて最後まで出来上がりがわからんし、同じものは絶対にできない。日々勉強させてもらってます!



奥出雲で「顔の見える」豆腐づくりをする「石田食品」。昔ながらの「手寄せ製法」で、契約農家から直接仕入れた地元産大豆と天然のにがりを使用した豆腐は大豆本来の味が存分に味わえる逸品。


card_odaizuni01-01
カード表(クリック拡大)
card_odaizuni02-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


豪雨の影響による配送遅延について
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス