贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 餅工房 貞元

地元のカタログギフト

餅工房 貞元

千葉県君津市郡

kaiwa_okomemochi
左から三幣重行(製造)、三幣 保夫(製造)

  • sum1_okomemochi_kai
  • sum2_okomemochi_kai
  • sum3_okomemochi_kai

おこめ餅

二人と商品の思い出

工夫と繋がり、地元愛からできたお餅


保夫そもそもの始まりは、米づくりを辞める人が増えて休耕地も増えてきた。そうした状況の中で地元の食材をお餅に混ぜて商品開発をしようとなったのが始まりだったな。
重行その当時、地元の居酒屋で声かけられたんですよね(笑)。地元の自治会の会長を終え、ひと段落していた時でしたね。保夫さんに声かけられちゃ断れない。
保夫重行さんはみんなで集まって飲んだりすると、率先して料理をするなど素質があったんですよ。当初は地元の直売所での対面販売を行っていて、最近では県のブースなどに出展し、近々地元のショッピングセンターにも積極的に出展するつもり。
重行いろんな催しごとに参加していると「負けられない」という気持ちが出てきますね(笑)。
保夫対面販売していると、いろいろな消費者の声が直で聞こえてきますもんね。いろいろな場所に行くと「こないだはいなかったね?」なんて声かけられちゃうので行かなきゃいけない義務が出てきます(笑)。
重行今一生懸命やらないとすぐ年を取っちゃうから、その前に技術の共有とか何とかしたいですね。
保夫今後はショッピングモールへの出店もしながら、地元のお餅を発信していきたい。全国への販路もそうだけど、加工技術の向上とかやらなきゃいけないことががたくさんある。今、若い人に魅力を感じてもらえるものをつくっていかなきゃならないと思っているよ。



千葉県君津市にある「餅工房貞元」。江戸時代の伝統郷土食「せいがくもち」を継承し、粉にせず蒸したうるち米でお餅を製造する。お米本来の味が生きており、そのままでも調理しても美味しい。


card_okomemochi-omote
カード表(クリック拡大)
card_okomemochi-ura
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス