贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 青森県のカタログギフト

青森県のカタログギフト

青森県青森県の特産品や知られざる産品のカタログギフト

カタログ封入商品数 15
カタログセット内容 商品カード15枚/申込方法説明カード・申込ハガキ/メッセージカード(オプション)
サイズ 箱サイズ:120×165×厚み10mm
カードサイズ:105×148mm

カタログに封入されている商品カード

※商品の内容が一部変更される場合がございます。ご了承ください。

青森県を想うみなさんとつくった「青森県のカタログギフト」

皆さん、はじめまして。工藤駿と申します。青森県のカタログギフト制作委員会(在京青森わげもの会)を代表として、ご挨拶をさせていただきます。私の実家はりんごと桜が有名な青森県弘前市にあります。高校までこの城下町で過ごし、大学進学のために上京してから6年の時間が経ってしまいました。大都会東京の生活は、かなりエキサイティングな毎日なのですが、やはり盆と正月に実家に帰ると自然に囲まれた環境がやはりあづましい(津軽弁で“心地よい”意)のです。
しかし実家に帰る度に、少しずつ寂しくなる青森の姿を見ながら、「もっと青森の魅力を知ってもらって、青森を東京から盛り上げたい!」という想いが生まれ、昨年『在京青森わげもの会』を立ち上げました。そしてそこで出会った熱い想いを持つ仲間と「文化の違いがある青森県だけど、東京だからこそ市町村のプライドを捨てて、青森まるごと味わってもらえるカタログギフトを作ろう」ということになり、青森県のカタログギフトを制作しました。


tab01_aomori.img01

青森県って?

「りんご」「ねぶた」「大間のマグロ」全国の皆さんにとって聞き覚えのあるフレーズはこのあたりでしょうか?青森県は実は結構なブランドというか全国的に有名なものを持ってるちょっとイケてる県とも言えます。
本州の最北端に位置し、日本海と太平洋、南にそびえる名峰「八甲田山」に囲まれ大地からは、美味しい海の幸山の幸が穫れます!しかし、美味しものを食べ過ぎているせいか寿命が日本の中でワーストという不名誉なデータもあります(泣)
歴史的に見ると江戸時代に2つの藩が真っ向から対立していたという背景もあり、なかなか県民同士も馴染めないといった古臭い文化や慣習も残っている県ですが、昔ながらの伝統を受け継いでいる技術や町並みを味わえる場所は多く、日本の原風景スポットは多いかもしれません。


tab01_aomori.img02 tab01_aomori.img03

青森県の美味しいもの

青森りんごで確かに有名ですが、実は知られざる名産がいくつもあります。ここではちょっとレアな食材を紹介します。
日本でも知っている人は少ないであろう「アピオス」「ヤーコン」「菊芋」です。実はこれ、共通点があって、なんと『世界三大健康野菜』なんです!これが全部採れる青森県、すごくないですか!?他にもごぼう、にんにく、カシス、海のものだとイカやヒラメも漁獲量が日本一レベルなのです。
伝統料理も多くありますが、なんといっても青森の魅力はその「素材力」にあるといっても過言ではないでしょう。


青森県のおすすめスポット

霊峰「恐山」、世界遺産「白神山地」、冬の名物「ストーブ列車」など、コアな観光客を引きつけるスポットも多数ありますが、実は青森って「アート」な県なのです!
十和田市にある「十和田市現代美術館」はまさに現代アートの最先端を体感できるデートスポットでもあるんです。芸術とかよくわかんないけど、楽しめちゃう。そんな空間が広がっています。十和田市自体もおしゃれなまちづくり活動が随所に展開されているようで、街歩きだけでもちょっとスタイリッシュな感じを味わえるかもしれません。
弘前市の伝統工芸品「ブナコ」は、小さな町工場から始まった「世界ブランド」。洗練されたデザインが海外の評価を集めています。ブナを使った暖かい感じの製品も多いと思います。


tab01_aomori.img05

「青森県のカタログギフト」で伝えたいこと

ちょっと紹介が長くなりましたが、私達が皆さんに伝えたいこと。それはズバリ「青森愛」です。自分が生まれ育った土地の空気、文化、そして生産者の愛が込められたものを自信をもって友人に薦められるものを作れればと思っています。ふるさとの魅力を一番伝えられるのは、その土地に生まれ育った人にしかできないことです。だから「青森県のカタログギフト」を通じて青森の人達が、自分の故郷の良さに気づくきっかけとなり、青森と東京そして全国をつなげるひとつのツールとして、広まればと願っています。

このカタログギフトをつくったのは

のカタログギフト起案者

青森のカタログギフト制作委員会 工藤駿 前橋史子 赤坂優実

「東京から青森を盛り上げよう」そんな内に秘めたる熱い気持ちを持った、青森生まれの“わげもの(青森訛りで若者の意味)"が東京で出会い、遠く離れた故郷青森のために何かおもしろいことをしようと立ち上がりました。 津軽・南部・下北と、全く気質も文化も違う地域で構成されている青森県。そんな多彩で個性豊かな青森の魅力を余すことなく多くの人に知ってほしい。そして青森を大好きになってほしい。そしてあわよくば、実際に青森へ行って青森の良さを肌で感じてほしい。そんな思いを抱きながら、日々楽しく朗らかに活動中。

― contact ―
wagemono.017@gmail.com

― 活動報告 ―

ここにfacebookアドレス入れる?


青森県について

本州の最北端に位置する、海と山に囲まれた自然豊かな地。林檎やにんにく、いかで有名だが、まだまだ隠れた銘品がたくさん。近年では、十和田バラ焼きやせんべい汁等、B級グルメでもその名を轟かせている。2011年には県庁所在地である青森市まで新幹線が開通し、今では東京駅から新青森駅まで最短2時間59分で行くことができる。実はこれ、国内最速。冬の寒さは厳しいが、その分人はあったかい、ご飯もおいしい、景色も良い。そんな、誰もが好きになる場所。

青森県

他の地域のカタログを見る

ジャンルで探す

お肉のカタログギフト
¥3,838(税別/システム料込)

お魚のカタログギフト
¥3,838(税別/システム料込)

麺のカタログギフト
¥3,838(税別/システム料込)

発酵食品のカタログギフト
¥3,838(税別/システム料込)

お米のカタログギフト
¥3,838(税別/システム料込)

お酒のカタログギフト
¥3,838(税別/システム料込)

価格で探す

シーン

引き出物の宅配

引き出物の宅配も承っております。カタログギフトと商品のセットなどもできますし、贈り分けの提案もさせていただいております。詳しくはお問い合わせください。

購入手続きについて

各種クレジットカード、又は銀行振込にてお支払いいただけます。
詳しくはこちらから▶︎

数量、お届け先ごとに異なります。また、お急ぎの場合はお電話ください。
詳しくはこちらから▶︎

メッセージカード(無料)・のし10円(税込)にて承ります。
詳しくはこちらから▶︎

無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス