贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > うれしの美人 坂元製茶舗

地元のカタログギフト

うれしの美人 坂元製茶舗

佐賀県嬉野市嬉野町

kaiwa_otyano‐sakamoto
左から坂元則親さん(夫)、坂元よしえさん(妻)

  • sub2_otyano‐sakamoto
  • sub3_otyano‐sakamoto
  • sizuru_otyano‐sakamoto

奥嬉野のお茶屋 うれしの茶詰め合わせギフト

二人と商品の思い出

原石のようなお茶を探すのが
私たちの役目


則親18歳で学校を出て、そっから親のやっとったお茶の加工を始めて…。この仕事はお百姓さんとの信頼関係で成り立っとるね。原石のようなお茶を探すのが私たちの役目やもんな。
よしえあの人は油かすで有機栽培しよるとか、どがん人がどがんつくり方しとるか知っとるもんね。今は、息子たちが中心となってやってくれとるけど、加工についてはあなたもまだまだ厳しく指導しとるね。
則親お茶それぞれの質を活かすために、どんくらいの温度で乾燥するか見極めなならん。香りをずっと嗅いでたら、甘みを感じるところがパンッとある。それをキャッチせな。長年の経験がいるもんだから、そこは厳しくなるね。
よしえ休みなしで働かなんのは大変だけど「遠方に送ったら美味しかったて言われたよ」て声を聞くと何よりの励みになるな。今はあなた目当てのお客様が、全国からいらっしゃるね。
則親みんな笑いに来らす。それに、こうやって夫婦2人で過ごせるのも何より。嫁いでからずっと、一生懸命働いてくれるのはありがたいよ。
よしえ健康でいれるのが一番。私たちみたいに、お茶を飲んで健康に過ごしてもらえたらいいね。
則親母ちゃんは嬉野茶のおかげで美肌だもんな。わっか人たちは忙しくしとらすけど、お茶は淹れる手間をかけるほどの良さがあるし、そうやってゆったりした気持ちで、家族で過ごすのが団欒じゃなかかな。



則親さんとよしえさんが、明るい笑顔でお客様を迎える坂元製茶舗。近所の方から県外のお客様まで、お茶と2人のファンが来店。ここで加工された嬉野茶は、深い味わいで甘みがある。


card_otyano‐sakamoto-01
カード表(クリック拡大)
card_otyano‐sakamoto-02
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス