贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > おやつとやまねこ

地元のカタログギフト

おやつとやまねこ

広島県尾道市東御所町

おやつとやまねこ
左から木村裕美子(店長)、新川恵(スタッフ)

  • おやつとやまねこ風景
  • おやつとやまねこプリン2
  • おやつとやまねこプリン
  • img1
  • img2
  • img3
  • img4





尾道プリンと焼き菓子

二人と商品の思い出

材料は牛乳、生クリーム、卵、てんさい糖だけ
シンプルだから、奥が深い


木村店の立ち上げからずっと二人でやっとるよね。プリンのレシピも一から開発して。
新川最初は二人きりで調理場に缶詰め状態で、試作と試食をひたすら繰り返したね。
木村本当に何パターンも食べてもらったよね。
新川そもそも私、甘いものがあんまり好きじゃないのにね。最初は仕事だから、仕方なく食べる…みたいな。しかも殆どが失敗だから、店長がプリン作っとる隣でずっと瓶を洗っとった。(笑)
木村あっはっは(笑)。でもうちのプリンは甘いものが苦手な人でも食べれるじゃろ? レモンソースでさっぱりしとるし。
新川そうね。試行錯誤しとるうちによそに無いものができたね。他店の物を食べてみても、うちのプリン美味しいんじゃって思うもん。
木村じゃろ? 季節によって室温や材料の状態も変わるし、毎日同じようにプリンを焼き続けるのは難しいよね。
新川奥が深いね。材料も牛乳、生クリーム、卵、てんさい糖だけで、シンプルだから難しい。微妙な味や食感の違いにお客さんも気付くし。
木村毎日工夫しながらやっとるよね。店のペンキ塗りから始まって、こんなに地域で定着するとは思わんかったよ。
新川うん、オープンから3年以上経って、石の上にも3年ってほんとじゃなぁって思う。
木村これからもお菓子、地域、お客さんやスタッフに愛を持って、長く愛される店をつくっていきたいよね。



尾道のプリン専門店「おやつとやまねこ」。看板商品はやまねこ印の小瓶の中でじっくりと焼き上げたプリン。瀬戸内レモンシロップをかけて食べるのが特徴。国産小麦の焼き菓子等も販売している。


おやつとやまねこ
カード表(クリック拡大)
おやつとやまねこ
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス