贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > りんご茶のマキュレ

地元のカタログギフト

りんご茶のマキュレ

青森県青森市第二問屋町

kaiwa_ringocha
左から高橋加代子さん(製造)、高橋信子さん(製造)

  • sizuru_ringocha
  • sub1_ringocha
  • sub3_ringocha

りんご茶、りんご香茶
林檎けんぴのセット

二人と商品の思い出

農家の手間暇かけたりんごに、
さらにLOVEを加えてお客様へ


信子強い風の吹いた後の日、主人が大きな袋2つにいっぱいのりんごを貰ってきたんだけど、家族だけではどうしても食べきれなくて…。そしたら雪の中にりんごを入れて、この温度で凍るんだなとか、研究みたいなことをしはじめたのよ。
加代子昔はりんごの加工品ってなくてね。生で食べるか、煮て食べるかだったんだよね。当時は台風の影響でりんごが売り物にならなくなると、もったいないけど土に埋めてしまうこともあったんだよね。
信子一生懸命つくったりんごを無駄にしたくない。お菓子やジュース以外で新しい食べ方はないかって、試行錯誤して「りんご茶」が生まれたんだよね。
加代子今は機械が入ったけど、昔は扇風機や、ストーブで乾かしてみたりしてね。今はもっと美味しさがでるようになったんじゃない?
信子人の手はかかるけど、美味しくなるように他にはまねできない製法でつくっていて、砂糖や香料は使わず、私たちの「りんご茶」はりんごだけでつくってるのよね。
加代子私たちのつくる製品は『りんご』と『LOVE』しか入ってないから。ひとつひとつに、愛情込めてつくることで美味しさもたっぷり出てくるんだよね。
信子本当に『りんご』と『LOVE』だけ(笑)。お客様に、りんご本来の味と『LOVE』を届けられるように頑張らなくちゃ!



青森県青森市に本社を構える「株式会社マキュレ」。青森県産のりんごを使用したりんご茶を始め、家庭で手軽にりんご飴を作れるキットを手がけるなど、女性らしい視点で開発された商品を展開する。


card_format
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


りんご茶のマキュレ
017-752-0478
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス