贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 斉藤農園

地元のカタログギフト

斉藤農園

栃木県大田原市湯津上

kaiwa_saitounouen
左から斉藤隆さん(夫)、斉藤洋子さん(妻)

  • saitonouen_sum2
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湯津上の梨 にっこり

二人と商品の思い出

梨農家として自信をもって、
美味しい梨をつくって届けたい


梨畑って広いから、普段はあんまり感じないんだけど、こうやって収穫して持って帰ってきてみると、やっぱりにっこりは大きく感じるなぁ。
洋子ほんとそう!出始めの幸水や豊水って、この半分でも大きいほうだもんね。
俺らは人に負けない品物さつくる意気込みはあっけど、やっぱし大事なのは気象条件なんだよ。これには絶対、何をやってもかなわない。
洋子かなわないね。
梨つくるのに、自分の技術なんてほんの微々たるもんでさ。そん中で味の違いを出すっていったら、一番は剪定だよ。葉が20センチくらいあるから、地面に直接陽があたり草が生えるように剪定するのが大事なんだ。
洋子それもあるし、土もあるんじゃないの。湯津上が美味しいっていうのは、剪定と土ね。この土地は土が違うと思うな〜。
そうだな〜。土には恵まれてるな。今までは、クズ梨を捨てたり人にやったりして。そこからいろいろ考えて、もったいないから皮をむいて真空パックにして、売ってみたりもしたけどな。
洋子でも形が悪かったり加工するような梨をつくるよりは、やっぱりちゃんとしたものつくって、生で食べてもらうのが一番よ。
梨農家として自信を持って、いい梨つくって届けるにはさ、やっぱり自分でつくったものは自分で値をつけて売りたい。そんで楽しみながら梨をつくっていきたいな。



「日光梨」と書いてにっこり。豊水と新高の掛けあわせで、肉質はやわらかく、1kg以上にもなる大きさが特徴。冷蔵庫などで上手に保管すると翌年12月頃まで収穫した時の食感が楽しめる。


card_saitounouen_omote
カード表(クリック拡大)
card_format
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


斉藤農園 FAX番号
0287-98-2128
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス