贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > JAさらべつ

地元のカタログギフト

JAさらべつ

北海道河西郡更別村

kaiwa_sarabetsu-wagyu
左から冨永洋子さん(妻)、冨永章嗣さん(夫)

  • sarabetsu-wagyu_sum3
  • sarabetsu-wagyu_sum2
  • sarabetsu-wagyu_sum1

さらべつ和牛ローストビーフ

二人と商品の思い出

哺育から肥育まで丹精込めて生産した
さらべつ黒毛和牛を味わってほしい


洋子昔はホルスタインの搾乳もやってたけど、すべて和牛になって哺育から肥育まで一貫生産を始めて、もう10年以上経つかな。
章嗣夫婦は40年以上になるけどね(笑)。牛が180頭いると育てるのも大変。それでも今はお互いなんとか役割分担してやってるんじゃない?
洋子そうね。お父さんは肥育を担当。私は子牛の世話と、朝晩の牛舎の掃除。
章嗣出荷前の牛は大きくなると体の自由がきかなくなる場合があるし、気持ちよく寝ていてると思ったら自分で起きれなくなることもある。エサが胃の中で発酵してガスがたまってパンパンになってしまったら、心臓を圧迫して危険な状態になるから、事故防止のためにも夜だって時間を決めて目を離さないように気をつけなきゃいけない。
洋子普段は病気らしい病気はほとんどないけど、それだけは気をつけてるね。あとは子牛の時に風邪などひいて体調を崩さないように。
章嗣お母さんも苦労しているんじゃない?ただもう何年もやっているからいろんな技を覚えてると思うけど(笑)。
洋子そうね。いまは昔と違って良いワクチンがあったりするのも助かってるよね。
章嗣この「さらべつ黒毛和牛」もたくさんの人に食べてもらえたらいいね。
洋子十勝・さらべつの大地で元気に育ったストレスを知らない牛の素直な味とジューシーさをぜひ味わってもらいたいね。



冨永夫婦が経営する美郷牧場は更別村で唯一、哺育から肥育まで一貫生産を行っている。数々のブランド和牛の種牛を育てる更別村の本場で育った牛を「さらべつ黒毛和牛」としてJAさらべつより販売している。


card_format_sarabetsu-beef
カード表(クリック拡大)
card_format_sarabetsu-beef
カード裏(クリック拡大)

    ※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス