贈るならゆかりある地域のカタログギフトを。旬に届く、地域産品のカタログギフト

ホーム > 笹村精肉店

地元のカタログギフト

笹村精肉店

岩手県遠野市穀町

kaiwa_sasamura-seiniku
左から笹村 毅さん(夫)、笹村 寛子さん(妻)

  • sasamura-seiniku_sizuru
  • sasamura-seiniku_sub1
  • sasamura-seiniku_ura-sub2

いわて純情豚 遠野産 亜麻豚しゃぶしゃぶギフト

二人と商品の思い出

「しゃぶしゃぶは牛」って言う人も
甘みがあるって言ってペロリと食べちゃう


こっちに戻ってきて精肉店継いだ時は忙しかったね。近くにスーパーもなかったし。
寛子3~4人は従業員雇ってたけど、お盆とか年に3回くらいは「笹村精肉店渋滞」が起こってたりしてたわよね(笑)。
お盆のとき肉食べるのは、遠野独特なのかな。
寛子ほんとはお精進だから(笑)。
遠野で精進っていうのはジンギスカンのことを言うんだよ(笑)。
寛子それは言い過ぎだけど、お客さん来るとするわよね。この辺だと、どこでやっても文句言わないし。
お盆の迎え火の「まつ火焚き」をしてるときに食べてたら、「このバチあたり者が!」って言われるときもあったらしいけどね。
寛子ここ最近よね。お盆の花火見ながらジンギスカンがどこも恒例になったのは。でも今年のまつ火焚きの時、分厚く切った亜麻豚を炭で焼いて塩で食べたのが一番だったかも。皆で美味しいってね。
亜麻豚の焼き肉は言うまでもないけど、やっぱりしゃぶしゃぶが美味しいよ。「しゃぶしゃぶは牛」って言う人も多いけど、いつも牛の人も、甘みがあるって言ってペロリと食べちゃうからね。
寛子煮込み料理よりもシンプルな料理が美味しいのかな。遠野の飲食店にメニュー教えると、結構やったりするんだよね。豚の串焼きとかやらないかな。
最近、亜麻豚で料理しようって人が増えてきたね。そんな話聞くと嬉しいよ。



遠野市の中心市街地でこだわりのお肉を扱う精肉店を営む。「亜麻豚」は、亜麻仁油を配合した飼料を与えられ、遠野の広大な盆地地形でストレス少なく育てられている。良質で臭みのない脂肪が特徴。


card_sasamura-seiniku_ol_omote
カード表(クリック拡大)
card_sasamura-seiniku_ol_ura
カード裏(クリック拡大)

※商品カードに記載の内容量は、コースによって異なります


笹村精肉店
0198-62-2226
復興支援のギフト
オリジナルオプション
無料サンプル請求

贈ったあともうれしいサービス